ニューヨーク観光 ~2日目 中編~

ここでまたもや失敗メトロカードを使って駅構内に入って駅員にチェルシーマーケットに行きたいというと少し困った顔をした後にこの電車に乗って次の駅で乗り換えてくれとのご指示実際に電車に乗ると一駅がやたらと長く乗り換えた後の電車もこれまた長いクリストファーステーションというところで降りてそこからチェルシーマーケットまでかなりの距離を歩くことになりました後ほどマップを見たところどうやら初めに使った電車がマンハッタン島内の地下鉄ではなく一度ニュージャージの方に行ってから再びマンハッタン島に帰ってくる国営電車? を使っていたことが発覚しかも降りる駅もクリストファーステーションではなく、14番通り駅で降りるべきだったことも

チェルシーマーケットに向かう途中でGoogleの建物を発見!

SONY DSC

茶色の大きい建物にデカデカとロゴがその正面にチェルシーマーケットがあり食事をしようかとも思ったけど時間がないのでジュースだけ買ってすぐに出発マーケットの東から入って西に抜けるて上をみるとハイラインが登ってひたすら北を目指しました

highline

1時間ほどあるくとハイラインの終点非常に長い距離でしたがここからもうすぐでイントレピッドハイラインの初めの方は人も多かったのですが北のはずれには人がほとんどおらず閑散としていました

海岸沿いを歩いてくと遠くに大きな戦艦があれがイントレピッドに違いない!

イントレピッド海上航空宇宙博物館

博物館入口に向かうと相変わらずのセキュリティゲートニューヨークはどこに行くにでもセキュリティゲートがあるのねシティパスでチケットを購入してオーディオカウンターに向かうとなんと有料そこまで興味があったところでもないので断って入場してエレベータでデッキに向かう

イントレピッドは航空戦艦なのでデッキの上には多数の航空機が展示されていましたなんかたくさんあったけど戦闘機詳しくないのでよく分からず

intrepid04

船尾に向かうとパビリオンが中に入るとチケットを見せろと言われたので入口でもらったチケットを提示。And、ゲートをくぐるとエンタープライズ号がデカデカと!

Enterprise

パビリオン内には様々な展示があったのですが時間がないのでそそくさと出口に向かいましたイントレピッドの戦艦内部にも戦闘機が展示されていてレストランもあります。but、値段が高め

最後に出口に向かうと行列ができてたので何かと思って聞いてみたら潜水艦の中に入れるらしい1時間くらい待たなきゃ入れないんだとか。Well、次の機会にしようということで次の自然史博物館へ向かいました

イントレピッドは中心地から離れているためバスを使えば良いのだろうけどあいにくバスマップを持っていないのでよう分からん仕方がなく歩いて42番通り駅から青い線に乗って北へ向かうとまもなく81番通り駅に到着駅名にMuseum of Natural Historyってついてるから分かりやすいシティパスを持ってると地下鉄からそのまま博物館に入れるので楽々

チケット見せてセキュリティゲート(またか……)をくぐるこの博物館なんだけどどうやらはじめに最上階にエレベーターで登ってそこから下におりながら鑑賞すると効率がいいようだ

まずは大人気の恐竜展示

naturalhistory3

ここはナイトミュージアムの撮影舞台にもなったようで色んな恐竜が展示されてますティラノサウルスやトリケラトプスのような有名な恐竜の模型があるので恐竜好きにはたまらんでしょうね

下の階に降りると一気に人の数が減りますこんな顔の像に興味を持つ人は少ないのでしょう

naturalhistory8

地下にはフードコートがあって休憩のチャンス! ここまで何キロ歩いたんだろう(Lol)。水を飲みながら少し休憩してアメリカ自然史博物館を後にします外に出るともう暗くなってて博物館が綺麗にライトアップされていました

naturalhistory_top

セントラルパークに沿ってカーネギーホールに向かうカーネギーホールのカーネギーはこの建造物を建てた鉄鋼王アンドリュー・カーネギーの名にちなんでいます(人を動かすのデール・カーネギーじゃありません!)メインホールは3,000人弱収容できる大ホールで音響効果も高いのですがいかんせん大都市の中心部に位置しているため自動車のクラクションの音が聞こえることもあるのだとか

夜なので上演されていないため外観だけを楽しんでそのまま五番街へ

左手側のセントラルパークが途切れるところが五番街ここはニューヨークどころか世界でもっとも高級と呼ばれるショッピングエリアです地価も半端なく高く高級ブランドショップが立ち並びます1平米あたり700万円くらいするとかこのように高級ブランドショップのイメージの五番街ですが最近では若者向けの店も出店してきておりUNIQLOなどもあります

早歩きでラジオシティに向かいます五番街から外れて一区画進むと到着! ここはミュージカルが行なわれるホールで収容人数はカーネギーホールの約2倍の6,000人弱という大規模ブロードウェイ作品が対象となるトニー賞の授賞式で有名ですね余談ですがトニー賞の名称はアメリカン・シアター・ウィングの共同設立者であるアントワネット・ペリーの愛称なのだとか

And、くたくたになりながら最後の目的地ロックフェラーセンターに向かいます

0

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Solve : *
32 ⁄ 16 =