救世主ハリストス大聖堂

■救世主ハリストス大聖堂とは

救世主ハリストス大聖堂

救世主ハリストス大聖堂はモスクワ中心部から南西に位置するロシア正教の大聖堂ですハリストスはキリストを意味します

元々はナポレオン戦争の勝利を記念して建設されたものですがスターリン政権によって一度は破壊されてしまいました。after that、ソビエト宮殿として再建される予定でしたが地理的要因と第二次世界大戦の影響もあって宮殿建設は中断されました建設跡はプールとして利用されモスクワ市民に利用されることになりましたがその後廃止となり現在の大聖堂が建てられました

 

観光時間の目安

3 hours

3 hours

1 hours

1 hours

30 minutes

30 minutes

アクセス

  • クロポトキンスカヤ駅(Кропоткинская)
    • 赤色の1番線

 

見学可能日時

月曜日は13:00~17:00Until。他の曜日は10:00~17:00is。休日については事前に確認しておくとよいでしょう

Except、外観だけであれば終日見学可能です

 

■観光開始

正門

cathedral02

大通り沿いから向かうと門が見えます車の入構もここから行われるようです特に警備もありませんので自由に出入りすることができます

 

大聖堂正面広場cathedral03

正面の広場には大聖堂を睨み付けるようにアレクサンドル2世像が立っています

ロマノフ朝12代皇帝アレクサンドル2世はクリミア戦争で敗北を噛みしめて農奴解放令などの改革を通じてロシアの近代化を図りさらには露土戦争で勢力を拡張したことで貢献した人物です

 

プーシュキン博物館側から

cathedral04

プーシュキン博物館側の街道から見た大聖堂です金色のドームが目立ちます

 

地下鉄の入口

cathedral06

クロポトキンスカヤ駅を出てすぐにある入場ゲートBXOДとはロシア語で入口を表します

 

広場

cathedral07

地下鉄入口からみた大聖堂前広場です出店でドリンクが売られていてベンチで休んでいる人も見かけます