カザン・クレムリン

■カザン・クレムリンとは

 

カザン01

カザン・クレムリンはロシアのタタルスタン共和国の首都カザンに存在し、11世紀初頭にヴォルガ・ブルガール人によってヴォルガ川とカザンカ川の合流点に位置する丘の上に建てられた城塞(クレムリン)です一度はイヴァン雷帝によって破壊されましたがその後再建されました

イスラム教とロシア正教の共存が重要視され現在では世界文化遺産に登録されています

 

観光時間の目安

2 hours

2 hours

1 hour

1 hour

30 minutes

30 minutes

アクセス

  • クレムリョフスカヤ駅(Кремлёвская)

見学可能日時

8:00~22:00

 

■観光開始

クレムリョフスカヤ駅

クレムリョフスカヤ駅

カザン・クレムリンの最寄り駅はクレムリョフスカヤ駅です。2005年に開通したばかりの地下鉄の駅なので内装も綺麗で豪華です料金も約50円と非常にリーズナブル。Although、中心街から歩いてさほど遠くもないので時間に追われていなければ歩くことをお勧めします

 

スパスカヤ塔

スパスカヤ塔

カザン・クレムリンの正門にあたるのがスパスカヤ塔で別名 救世主の塔とも呼ばれます

スパスカヤ塔の名前の由来はスパスキイ修道院のようですスパスキイ塔と呼ばれないのはロシア語に文法に由来しますロシア語は修飾される名詞が男性名詞女性名詞中性名詞で就職する形容詞の形も変わります塔はロシア語で「башня」という女性名詞のためスパスキイがスパスカヤと変化してスパスカヤ塔となります

正門の前には人だかりが多く旅行者の他修学旅行の学生も見られます夜は画像のようにライトアップされ正門付近からは人だかりが無くなります

 

クル=シャーリフ・モスク

カザン・クレムリン

一度はイヴァン雷帝に破壊されたモスクですが現在ではカザンカ川を背景に美しい景観を持ちます夜はライトアップされ記念写真を撮る人も数多くいますモスクの中に入ることもできますが女性は宗教上の理由からスカーフを頭に被らなければなりません

見どころなのでクレムリンに立ち寄った際には是非朝・夕・夜に訪れてください

 

Suyumbike Tower

Suyumbike Tower

スュユンビケ塔はカザン・クレムリンのカザンカ川に立地しますスュユンビケとは、200年ほど前にこの塔から身を投げたカザン・ハーン妃に由来します入口の門には太陽と月の装飾があり他の建物と比べて茶色の建物だったりと謎が多い塔です

 

Suyumbike Tower

ここからカザンカ川側を臨むと非常に眺めがよく多くの人々がここで写真撮影をしています

 

Bragoveschensky Cathedral

Bragoveschensky Cathedral

ブラゴヴェシェンスキー大聖堂とは別名を生神女福音大聖堂(しょうしんじょふくいんだいせいどう)ともいいますロシア正教会の聖堂で一度はロシア革命によって破壊されましたがその後再建されたのが現在の形です再建前はカザン・クレムリン最古の建造物でした

Bragoveschensky Cathedral

ブラゴヴェシェンスキー大聖堂からも絶景が見られます画面左がカザンカ川で右に位置するのが農業宮殿です夜には綺麗にライトアップされた風景をみることができます

 

戻る