寸又峡温泉郷の有名旅館『翠紅苑』② ~部屋紹介~

『寸又峡温泉 翠紅苑』は寸又峡温泉を代表する旅館です。洋室10室、和室28室、和洋室1室の総部屋数39室の小規模旅館です。これまでは古き良き老舗といった感じでしたが、リニューアルして限定一室の大きめのプライベート温泉付き特別室ができたとのことで今回訪れてみました。部屋の大きさは85畳(155平米)ということなので、4人で宿泊しても広々余裕です。

しかも寸又峡温泉では珍しい源泉かけ流しに入れるということですのでテンション爆上がりです! 宿の場所については前回の記事『寸又峡温泉郷の有名旅館『翠紅苑』① ~施設紹介~』をご参照ください。

 

特別室のエントランス

フロントロビーから中庭に出て、突き当りを右に進むと左手側に215号室の入口があります。扉も新しくなっていて、少し広めのスペースが割り当てられている感じでした。

入口を入るとすぐ応接間といった雰囲気でテーブルと椅子が用意されています。私たちが滞在したときは主に荷物置き場をして利用しました。ウォークインクローゼットが無かったのですが、このスペースがあればまぁ良いかなと。

ミニバーとクローゼットがこちら。見ればわかる通り、ウォークインクローゼットではないため、大きめのスーツケースなどはここに隣接している先ほどの応接間に置けば問題ありません。

 

リビングルーム&寝室(和洋室)

こちらが生活スペース。いわゆるオーソドックスな和洋室の間取りです。ベッドと和室はブラインダーで目隠しすることができます。ベッド横の椅子は結局使わなかったですね。

ベッドから和室側をみた風景。この特別室は中庭が広いので障子を開けると開放感があります。信楽焼の狸がたくさん置かれているのもポイント高い。また、ベッド横にも電源コンセントとUSB給電がついていたので便利でした。

ウェルカムお菓子は寸又峡抹茶さんど。美味しかったのですが、特別室としては少し貧相。もう少し欲しかった。で、もちろん部屋内は禁煙ですのでタバコアレルギーの方も安心して宿泊できます。

 

ミニバー&クローゼット

再度戻ってクローゼットの紹介。必要なものは大体揃っています。浴衣と丹前、足袋、フェイスタオルとバスタオル。作務衣がないのが残念ですが仕方がない。

あぁそうでした。1点注意点が。高級旅館や特別室に泊まり慣れている人に気を付けて欲しいのですが、こちらの部屋は追加のバスタオルが各自一枚までは無料、それ以降は有料(200円)でした。露天風呂付き客室で追加のバスタオルでお金をとられたところはここと千葉県房総半島の館山にある雫花くらいでしたね。

とはいえ、後ほど紹介するパウダールームにもバスタオルがありますので、よほど使いすぎない限り追加で頼む必要はないかと思います。すでにバスタオルとフェイスタオルが3枚くらい準備されていて、追加で1枚無料なので4枚までは無料で使えるということですね。

冷蔵庫の中身は水のみ。もちろんこちらはサービス。冷蔵庫にソフトドリンクサービスが入っていないのも、この料金じゃあ仕方がないのかなぁとは思います。

ティーセットと電話。非常にシンプルです。コーヒーと紅茶はないのでご注意を。ロビーラウンジでも提供されておりませんし、夕食にも出てきません。朝食で飲み放題があるのですが、そこまでお預けです。コーヒー紅茶が必要な人は持参すると良いです。

特に仲居さんはいないのでセルフサービスです。好きな時に給湯器から自分で入れて飲みました。

電話がレトロで面白い。これは敢えて旧式の電話を残しているのでしょうね。当時の電話としてはかなり高級なものだと思います。

セーフティボックスこと金庫。暗証番号式ではなく鍵で開け閉めするタイプ。老舗なのでね。

 

トイレ&パウダールーム

トイレはメッチャ広いです。和式とかではなく最新のウォッシュレット。ちゃんとリノベーションされていて綺麗で快適です。ちなみにトイレはここ1つだけなのでご注意を。この広さの客室だと2つ用意されているところもありますので。

化粧台は2つ。これは嬉しい。朝の忙しい時間帯でも2人同時利用が可能です。

ヘアドライヤーはダイソン! これは嬉しい!

化粧水類はPOLAとKOSEでした。

こちらにもバスタオルが用意されていました。ベアブラシから歯ブラシまで必要なものはすべて揃っています。

詳細がこちら。女性用はヘアクリップからベアブラシ、クレンジング。ヘアクリップがしっかりしたもので珍しい。男性用は髭剃り、ベアブラシ、マウスウォッシュ、デンタルフロス等。結構豪華です。

ここにもバスタオルとフェイスタオル。そして大浴場に持っていくためであろう袋。この袋の中にも歯ブラシが入っていました。特に歯ブラシが数がすごかった。1人3つくらい用意されていたのは驚きです。

 

源泉かけ流しプライベート露天風呂

ついにメインの客室露天風呂の紹介です。カランが2つ付いていて広々とした露天風呂。しかも源泉かけ流しという。これは非常に満足度が高い。少しお湯は熱めなのですが、せっかくの源泉かけ流しなのでお水で薄めずに湯もみで冷ますのがおススメです。

風呂に入った時の目線。かなり広いので3人まで入れると思います。写真の状態は全開にしていますが、窓が移動式の引き戸になっているため締め切ることも可能。ここら辺は野生の猿がいますし、夏の夜は虫が出てくるかもしれません。寝る前に締め切ることができるので上手く配慮されているなと思いました。

アメニティは茶シャンプーと茶コンディショナー。静岡ですからね。

 

部屋の中庭

露天風呂横の中庭。自由に出入りできます。雄大な寸又峡の自然を独り占めできるのはこの旅館でこの部屋のみの特権!

やたらと置かれている信楽焼のたぬきさん。

色々なタイプのタヌキ。

夫婦狸もいました。

 

以上で部屋紹介は終了。料金は下のリンクからどうぞ。85畳155平米でこの価格はお得だと思います!

次回は料理です。夕食と朝食を紹介します。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 ※ が付いている欄は必須項目です

Enter Captcha Here : *

Reload Image

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。