オーストラリア最大のゴシック建築『メルボルン・セント・パトリック大聖堂』

フィッツロイ庭園から300mほどの近場にメルボルン・セント・パトリック大聖堂はあります。ここだけ何故か中国人観光客が多かったんですよね。

 

徒歩マップ『フィッツロイ庭園からメルボルン・セント・パトリック大聖堂(From Fitzroy Gardens to St Patrick’s Cathedral)』

フィッツロイ庭園の西口から出た大聖堂通り(Cathedral Place)を直進すると右側に大聖堂がみえます。とはいえ、西口を出た瞬間に大聖堂っぽいのが正面右側に見えるので、迷うことはありませんが。

 

メルボルン・セント・パトリック大聖堂へ

ここがフィッツロイ庭園の西口。右のほうに如何にもって感じの建物が見えますでしょうか。あれが今回の目的地となります。

大通りを渡ったらもうすぐこんな距離まで。非常に近いです。

こちらからは入れないみたい。ちなみに周囲はNO SMOKING、つまり煙草はNGです。

実はこの大聖堂、メルボルンの観光地を巡る”City Sightseeing Melbourne”バスの停留所のひとつ。こういう治安の良い街は普通に歩けるので、わざわざこういうバスを使う必要はないんですがね。時間が無い場合は、効率よく回れるので、時間を金で買いたい方は使っても良いかもですが。

 

メルボルン・セント・パトリック大聖堂の正門

正門についたらちょうど雨が降ってきました。早く雨宿りせねば。

大聖堂のエントランスです。人が全然いないかと思ったら、入口にたくさんいらっしゃった。雨が降ってるので、みなさん出るタイミングを見計らっているようです。

大聖堂からメルボルン市街地はこんな景色。高層ビル群が見えますねー

 

大聖堂を散策

大聖堂の集会時間など。

本当は大聖堂の中も紹介したかったのですが、内部はカメラ厳禁。なので残念ながら撮影はできず、当然このブログにも載せられず。

英語に中国語が併記されていることからも中国人が多いってことが分かりますね。実際、ここでの雨宿りの最中に中国語が聞こえまくりました 🙂 

雨が弱まったので大聖堂の周りを散策。こちらは昔メルボルン大司教だった「ダニエル・マニックス(Daniel Mannix)」さんの銅像。

敷地内にはベンチがありました。晴れてる日はここで休憩している人も多いんでしょうかね。

この銅像はダニエル・オコンネル(Daniel O’Connell)さん。カトリック教徒解放運動も尽力した偉い人です。

大聖堂内部もカメラ撮影できないことですし、そろそろ次の観光地にでも向かいましょうか。

 

大聖堂を少し離れて周辺を散策

フィッツロイ庭園の北側の道へと抜けました。ここは車通りが多いです。

近くにあった小規模な美術館。入館料無料なので少し時間潰しでも。

この美術館はMcCUBBIN GALLERYって名前らしい。

あ~…… ここもか。カメラNGなので特にこのブログで紹介できることもなく。

 

それではこれにて本記事終了! また次回よろしく!

0

メルボルン市民の憩いの場『フィッツロイ・ガーデンズ』

メルボルン・クリケット・グラウンドから程近くにあるフィッツロイ・ガーデンズへ。東京だと中心地に無料で入れる広い公園ってあんまり見ないですが、海外は結構多いですよねー

 

徒歩マップ『フィッツロイ・ガーデンズ(Fitzroy Gardens)』

わざわざマップを載せるほどでもないけど念のため。マップでみると分かるんですけどフィッツロイ・ガーデンズってイギリスの国旗の形に道が作られてるんですよね。

それにしてもこの規模の公園がメルボルンの中心駅「フリンダースストリート駅」からこんな間近にあるってスゴイ!

 

クリケット・グラウンドからフィッツロイ・ガーデンズへ

クリケット・グラウンドのあるヤッラ公園(YARRA PARK)の案内板にもシッカリと「Fitzroy Gardens」の名前。矢印の方向に進んでいくだけです。

トラムの走る大通りに差し掛かります。ここを渡ったすぐ左側がもうフィッツロイ・ガーデンズ。うーん、ガーデンズっていうのもなんなのでこれからはフィッツロイ庭園って呼ぶことにしますね。

フィッツロイ庭園内は自転車での乗り入れは禁止です。レンタサイクルとかで訪れる方は要注意。メルボルンは無料トラムが走っているので、わざわざレンタサイクルをする必要もないので是非歩きで!

 

フィッツロイ庭園のビジターセンター

入口すぐに案内板があります。まずはビジターセンターへ。

そうそう。メルボルンもシドニーと同じで街中でトイレに困ることはありません。市内はショッピングセンター内にて無料でトイレが使えますし、こういう公園の中にもあります。マジでヨーロッパはこういうところ見習ってほしい。

クリケット・グラウンドにもあったけどメルボルンって水の再利用施設が多いんですよね。道端にゴミが散らかっているのもあんまり見ないし、さすが住みやすい街世界1位!

 

ビジターセンター周辺

到着。たぶんポストがあるのは、ビジターセンターで購入したハガキを記念に自宅に送るためかと。

カフェが併設。雨が降ってきたので私も一時避難 😡 

 

キャプテン・クックの生家『クックス・コテージ』

ビジターセンターのすぐ横にあるクックス・コテージ。キャプテン・クックことジェームズ・クックの名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。彼は、ハワイ諸島を発見したことでも有名な航海士ですね。

もともとイギリスにあったクック船長の生家をメルボルンにメルボルンに移築したのがコレ。雨が降ってきて急いでいたので今回は中に入りませんでした 😥 

ビジターセンターからの距離はこんな感じ。それにしても小さな家ですねー。

 

フィッツロイ庭園を散策

ふと見つけたこの案内板。日本語や韓国語に対応していて驚きました 😯  それだけ日本人観光客が多いってことなんでしょうね。

庭園内は基本的に舗装されています。

滝みたいなのがあったり。

 

シンクレアの家「SINCLAIR HOUSE」

こちらシンクレアの家。シンクレアとは、スコットランドの庭師で、なんとこのフィッツロイ庭園を作ったのはこのシンクレアさんなんです!

シンクレアについての詳細はこちらの看板に(手抜き)

中には入れないみたいです……

 

フィッツロイ庭園の散策 Part 2

フィッツロイ庭園を掃除する方々に遭遇。この人たちの他にも街中を清掃車が走っていたりと、メルボルンが綺麗な理由が分かりますねー。素晴らしい!

途中でミニチュアの街がありました。これが何を表しているのかは分かりませんが、おそらく昔のメルボルンを再現してるんじゃないですかね?

よく分からんドーム状の建造物。その真ん中で寝転んでる人がいました。

こちらは北側の出口へつづく道路。もう少し庭園を散策したいので。

鳥たちが噴水の前で水浴びしていました。

こちらは鳥のモニュメント。本物ではない。

鳥の他にもいろいろなモニュメントがありました。

 

フィッツロイ庭園はこれにて終了。晴れだったらもう少しゆっくりと回りたかったですね。

0

無料トラムを駆使して『メルボルン・クリケット・グラウンド』へ

メルボルンに着いたばかりなので取りあえずフリンダースストリート駅あたりのファストフード店に入って朝食を取ったあとで、メルボルンのクリケットグラウンドへ向かうことにしました。歩いても行ける距離でしたが、折角なので無料のトラムを使ってみようかと。

 

徒歩マップ『フリンダースストリート駅からメルボルン・クリケット・グラウンド』

徒歩マップと書きましたが、実際はフリンダースストリート駅からSTOP8までは無料トラムに乗って、そこから徒歩でクリケット・グラウンドに向かうことにしました。

 

フリンダースストリート駅付近で食事

前回の記事『世界で最も住みやすい街は伊達じゃない! メルボルン市内は無料トラム&無料Wi-Fi?! トラムの乗り方も紹介しちゃうよ!!』で紹介したビジターセンターで入手したマップを見ながら戦略を練る。ついでにユーレカタワーのパンフレットも。

FREE TRAM ZONEって書かれている緑色の範囲内に限ってトラムに無料で乗ることができます。35番のCity Circleというトラムは無料ゾーン内を囲むようにグルグル巡回しているので、降りる場所に注意する必要はないのですが、それ以外の無料ゾーンの外に出るトラムに乗る際には注意が必要です。

朝食はワンプレートのファストフードとカフェオレを注文。支払った金額は覚えていないけど、シドニーの半額以下だったような記憶が。とにかくメルボルンは物価が安いと思いました。

 

フリンダースストリート駅前の無料トラムへ

フリンダースストリート駅のトラム乗り場。雨が降っているのでそそくさと屋根の下へ ➡ 

トラムが来るまで時間があったので付近をぶらぶら。日本でおなじみのセブンイレブンやDAISOがあるんですねー。

赤いトラムが到着しました。こちらは75番トラムなので無料ゾーンを超えるとお金がかかってしまうと要注意な奴です 😡 

 

トラムに乗ってSTOP8へ

トラムに乗るとカードリーダーがありますが、無料ゾーンのみの利用であればタッチする必要はありません。

雨のせいか結構な人が乗車しているため座る席が無し。とはいえたったの2駅なので立ったままでOK。車内の電光掲示板にSTOP8と書かれたらブザーを押して降りる準備。

無事降車成功。行き過ぎてしまうと課金されてしまいます。不安な方は運転手か他の人に無料ゾーン内だけ乗りたい旨伝えましょうね。

 

メルボルン・クリケット・グラウンドまで歩いて

トラムが進んでいった方向へそのまま歩いて行きます。この大通りを越えなきゃならんのですよ。

ここを真っ直ぐ。雨のせいか人が全然おりませぬ。

大通りの向こう側にフィッツロイ・ガーデンが見えます。あそこへはクリケットグラウンドの次に向かうので今はスルー 🙂 

高架下をくぐって向こう側へ。

線路下をくぐったすぐ次の角を左へ。あとはこの道を真っ直ぐ。

後を振り向くとメルボルンの高層ビル群が見えますね。

GATE3という看板発見! どうやら目的地に到着したようです!

 

メルボルン・クリケット・グラウンド入口へ

正面に見える円形の建造物が「メルボルン・クリケット・グラウンド」

今歩いていたのはYARRA PARK(ヤッラ公園)とかいう公園だったらしい。で、もう入口に着いてしまいました。

何かよく分からん碑があったので取りあえず撮影してみた📷

 

クリケット・グラウンドにはオブジェクトがたくさん

入口前広場にはたくさんの銅像。いくつか適当にパシャります!

DENNIS LILLEEという人の銅像らしい。知らんけど。

結構しっかりと説明文が書かれてるんですね。

チケット売場は閉鎖。本日試合はないようです。

再生水装置。こちらでグラウンドにまく水でも浄化してるんでしょうか?

NEIL HARVEYという人の銅像。

YARRA PARK内にはこんな感じで結構短い間隔で銅像が配置されているんですね。

NORM SMITHという人の銅像。こんな外れの方にまであるとは 😯 

 

次回はフィッツロイ・ガーデンズに行きまーす!

0