ニューヨーク観光 ~3日目 中編~

エンパイアステートビルの後は五番街を南へ下ります。ここら辺になってくると、五番街といえどブランドショップは立ち並んでおらず、ただの大通りです。その通りをひたすら南下すると、ブロードウェイと合流します。そこにあるのがフラットアイアンビルです。

交差点に位置するため三角形の敷地になっています。このビルの何が有名かというと、スパイダーマンやゴジラ等の映画のロケ地になることが多く、映画ファンにとっては是非とも訪れたい名所になっています。昼過ぎになると逆光で撮影しづらいと言われているのですが、あいにくの曇りでそんなことを気にすることなく写真を撮ることができました。

ここのマディソンスクエア公園には野生のリスがいたりと何気に楽しめます(笑)。ちなみにここのブロードウェイを北上すると七番街との交差点でタイムズスクエアに辿り着けます。

そしてさらに南下し続けること数十分、ついに五番街の終点です!

五番街の南の終点はワシントン公園です。ミニチュアの凱旋門が特徴です。夜になると綺麗にライトアップされるのですが、残念ながら今回は見られませんでした。公園で一休みしていると、突然大きなシャボン玉を作りながら歩いてくるオジサンが。公園内には子供たちが多く、かなりの人気者になっていました。

公園を突っ切ってさらに南下してブルームストリートを左折してSOHOに突入。ここは五番街ほどではありませんがそこそこブランドショップが立ち並ぶそこそこ高級な住宅街です。

そのまま東に進むと再びブロードウェイ。そこを突っ切るとリトル・イタリー。特にめぼしいものはなく直進すると……

本当に中国人はどこにでもいますね。さすが世界一の人口。

しばらく進むとマンハッタン市庁舎あたりで小雨がパラパラ。一昨日から歩きっぱなしで疲労も溜まっていました。なんというか半端ない距離歩いてますね。思い返すと恐ろしい。うちの母親60過ぎなんですがとても頑張ってます(笑)。

さて、もうブルックリン橋は目前です。雨宿りをしながら10分ほど休憩して、いざ橋渡り――

 

0

ニューヨーク観光 ~3日目 前編~

最終日はクリスマス!

この日はほとんどの観光地がお休みです。ダイカーハイツのクリスマス・イリュミネーションをみるため、今日は朝からゆっくり。まずは腹ごしらえの朝食を求めてタイムズスクエアから9番街に進み、そこを南に下ってお店探しをしました。

すると、セブンイレブンを発見! ここでピザを購入し、ついでに近くのCVSにも寄りました。このCVSはコンビニエンスストアでアメリカ全土に渡るチェーン店なのですが、スーパーマーケットのように売場が広く、しかも結構安いです。ここでスナック菓子を購入して、8番街の方に移動します。エンパイアステートビルをみてみると、ビルの上方に雲が…… イヤな予感。こんな状態で眺めは大丈夫だろうか? 取りあえず、ブロードウェイを北上してホテルに到着しました。

買ってきたものをホテルで食べてから早速観光出発。まずはエンパイアステートビルです。先ほど上がってきたブロードウェイを下ってエンパイアステートビルに進むと、まだ雲がかかってる……

入口に入るとでっかくエンパイアステートビルの文字と絵が。中はそこそこ混んでますが、並ぶほどではない。

で、ビルに上ろうと進むと途中で案内係の人が「今日は曇りでビルに上っても何も見えません!」と連呼していました。そうは言われても、明日にはニューヨークを立ってしまうので今日上るしかない。無視して先に進みます。そして、チケットを手に入れると、変な押印を押されました。「 😥 Zero Visibility」本当にこんな絵文字が押されてたんです。

昨日のロックフェラーとは違って全く混んでおらず、すぐに展望台へのエレベータに着きました。そして、到着して外に出てみて、柵からニューヨークの街を眺めようとすると……

いやいやいや、これは無いでしょ(笑)。外が完全に真っ白! 本当にゼロビジビリティでした。ビルは完全に雲の中で、反対側にまわっても白。

手前のご夫婦、外みてるけど何も見えないって、往生際悪いなぁ(笑)。とまぁ、こんな感じで非常に残念なエンパイアステートビルでした。ビルを降りるとお土産屋があったけど、何も買う気力もない。もう一回ニューヨークに来る羽目になったとさ。

0

ニューヨーク観光 ~2日目 後編~

ラジオシティから向かったのがロックフェラーセンター。自由の女神に到着してからすでに12時間以上観光しっぱなし。疲労もMAX。とは言ってもまだまだ余力は残ってました 😛 。

待ち行く人に「Where is Rockefeller?」と聞くと、すぐそこだと教えてくれた。道路が混んでるし、歩きづらい中人ごみをかき分けて進むと、どんどん混んで来て最終的にはほとんど進めない状態に。先の方を見てみると大きなクリスマスツリーが見えました。ここが噂の世界一大きなクリスマスツリー! そして、世界一有名なスケートリンク!

……うーん。予想よりもクリスマスツリーが小さい。スケートリンクも倒れてる人がいたりと、あんまり見てて面白くない(笑)。混雑をかき分けて行ったのに拍子抜けしましたが、そうは言っても世界的に有名なスポットに訪れたので話題作りにはなるでしょうから許してあげましょう 🙂

で、ロックフェラーセンターに入ってチケットを受取ろうとすると…… またもや行列。チケットを受け取ると入場は1時間40分後。長時間歩き続けた後で今度は長時間待ちか…… 仕方がないからロックフェラーセンターの中を徘徊してるとWells FargoのATMが?! しかも、丁度腰掛けられるくらいの段差があり、すでに先客が休んでました。我々もそれに便乗。Wells Fargo様様ですなー。

パンパンになった足を休めて休憩して、10分前くらいに入口に向かいました。まず初めのエレベーターに乗るのに行列。エレベーターは3階? に到着して、そこからまたもや行列。奥の方に行くと映画の上映みたいなものがプロジェクターで移されており、ロックフェラーの歴史が分かるようになってました。途中で撮影ポイントもあり。

長時間待った後、やっとエレベーターに乗れました。スカイシャトルエレベーターというものらしく、ついにトップ・オブ・ザ・ロックへ! エレベーターに乗ると真っ暗になり、天井にプロジェクション、そしてサウンドが。ぐんぐん昇っていくような重力感とともに視覚、聴覚を味わっていると数分後に到着。エレベーターを下りるとそこにはもう行列はありませんでした。

道なりに進むと小さいエスカレーターがあり、そこをのぼるとついに!

いやいや、素晴らしい夜景です。人は多いのですが、邪魔されずに写真撮影をする余裕は十分にあります。エンパイアステートビルが緑になったり赤くなったり。明日はあそこからこっち側を眺めることになるんだろうなぁ(と、この時は思ってました……)。

地上100メートル近いところから眺めるニューヨークの街は最高なので、一度は訪れることをお勧めします。

夜景を堪能したところで再びエレベーターで降ります。帰りは早い。エレベータで待ちはしますが、すぐに乗れました。今日のうちにエンパイアステートビルにも行こうとしましたが、さすがにギブアップ。最終日に持ち越すことにしました。

0

ニューヨーク観光 ~2日目 中編~

ここでまたもや失敗。メトロカードを使って駅構内に入って駅員にチェルシーマーケットに行きたいというと、少し困った顔をした後に、この電車に乗って次の駅で乗り換えてくれとのご指示。実際に電車に乗ると、一駅がやたらと長く、乗り換えた後の電車もこれまた長い。クリストファーステーションというところで降りてそこからチェルシーマーケットまでかなりの距離を歩くことになりました。後ほど、マップを見たところ、どうやら初めに使った電車がマンハッタン島内の地下鉄ではなく、一度ニュージャージの方に行ってから再びマンハッタン島に帰ってくる国営電車? を使っていたことが発覚。しかも降りる駅もクリストファーステーションではなく、14番通り駅で降りるべきだったことも。

チェルシーマーケットに向かう途中でGoogleの建物を発見!

SONY DSC

茶色の大きい建物にデカデカとロゴが。その正面にチェルシーマーケットがあり、食事をしようかとも思ったけど時間がないのでジュースだけ買ってすぐに出発。マーケットの東から入って西に抜けるて上をみるとハイラインが。登ってひたすら北を目指しました。

highline

1時間ほどあるくとハイラインの終点。非常に長い距離でしたが、ここからもうすぐでイントレピッド。ハイラインの初めの方は人も多かったのですが、北のはずれには人がほとんどおらず閑散としていました。

海岸沿いを歩いてくと遠くに大きな戦艦が。あれがイントレピッドに違いない!

イントレピッド海上航空宇宙博物館

博物館入口に向かうと相変わらずのセキュリティゲート。ニューヨークはどこに行くにでもセキュリティゲートがあるのね。シティパスでチケットを購入してオーディオカウンターに向かうと、なんと有料。そこまで興味があったところでもないので断って入場してエレベータでデッキに向かう。

イントレピッドは航空戦艦なのでデッキの上には多数の航空機が展示されていました。なんかたくさんあったけど、戦闘機詳しくないのでよく分からず。

intrepid04

船尾に向かうとパビリオンが。中に入るとチケットを見せろと言われたので入口でもらったチケットを提示。そして、ゲートをくぐるとエンタープライズ号がデカデカと!

Enterprise

パビリオン内には様々な展示があったのですが、時間がないのでそそくさと出口に向かいました。イントレピッドの戦艦内部にも戦闘機が展示されていて、レストランもあります。けど、値段が高め。

最後に出口に向かうと行列ができてたので何かと思って聞いてみたら潜水艦の中に入れるらしい。1時間くらい待たなきゃ入れないんだとか。うーん、次の機会にしようということで次の自然史博物館へ向かいました。

イントレピッドは中心地から離れているためバスを使えば良いのだろうけど、あいにくバスマップを持っていないのでよう分からん。仕方がなく歩いて42番通り駅から青い線に乗って北へ向かうとまもなく81番通り駅に到着。駅名にMuseum of Natural Historyってついてるから分かりやすい。シティパスを持ってると地下鉄からそのまま博物館に入れるので楽々。

チケット見せて、セキュリティゲート(またか……)をくぐる。この博物館なんだけど、どうやらはじめに最上階にエレベーターで登って、そこから下におりながら鑑賞すると効率がいいようだ。

まずは大人気の恐竜展示。

naturalhistory3

ここはナイトミュージアムの撮影舞台にもなったようで、色んな恐竜が展示されてます。ティラノサウルスやトリケラトプスのような有名な恐竜の模型があるので恐竜好きにはたまらんでしょうね。

下の階に降りると一気に人の数が減ります。こんな顔の像に興味を持つ人は少ないのでしょう。

naturalhistory8

地下にはフードコートがあって休憩のチャンス! ここまで何キロ歩いたんだろう(笑)。水を飲みながら少し休憩してアメリカ自然史博物館を後にします。外に出るともう暗くなってて博物館が綺麗にライトアップされていました。

naturalhistory_top

セントラルパークに沿ってカーネギーホールに向かう。カーネギーホールのカーネギーは、この建造物を建てた鉄鋼王アンドリュー・カーネギーの名にちなんでいます(人を動かすのデール・カーネギーじゃありません!)。メインホールは3,000人弱収容できる大ホールで音響効果も高いのですが、いかんせん大都市の中心部に位置しているため自動車のクラクションの音が聞こえることもあるのだとか。

夜なので上演されていないため外観だけを楽しんでそのまま五番街へ。

左手側のセントラルパークが途切れるところが五番街。ここはニューヨークどころか世界でもっとも高級と呼ばれるショッピングエリアです。地価も半端なく高く、高級ブランドショップが立ち並びます。1平米あたり700万円くらいするとか。このように高級ブランドショップのイメージの五番街ですが、最近では若者向けの店も出店してきており、UNIQLOなどもあります。

早歩きでラジオシティに向かいます。五番街から外れて一区画進むと到着! ここはミュージカルが行なわれるホールで収容人数はカーネギーホールの約2倍の6,000人弱という大規模。ブロードウェイ作品が対象となるトニー賞の授賞式で有名ですね。余談ですが、トニー賞の名称はアメリカン・シアター・ウィングの共同設立者であるアントワネット・ペリーの愛称なのだとか。

そして、くたくたになりながら最後の目的地、ロックフェラーセンターに向かいます。

0