カザン観光 ~ペテルブルグスカヤ通り~

今回はバウマン通りの南に位置するエピファニ教会と、ペテルブルグスカヤ通りです。ペテルブルグスカヤ通りは、バウマン通りの南端からプーシキン通り(発音的にはプーシキナ通り)を挟んでさらに南側に位置する通りです。

まずはエピファニ教会。1700年代に建てられた高さ63mの建物がエピファニ教会。カザン市内で最も目立つといっていいのかもしれません。展望デッキに上るには100ルーブル必要で、営業時間は7:00~18:30(たぶん季節によって違うんだろうけど大体このくらいの時間)のようです。残念ながら今回は上らなかったので、いつか機会があればなと。

教会の前は賑わっていて噴水の周りにはたくさんの人だかり。子供たちが駆け回っていました。

教会のすぐ横にシャリアピンパレスホテルがあります。Шаля́пинでシャリアピンと読む。このホテルの名前の由来が画像中心の銅像。これはカザン出身のオペラ歌手ヒョードル・イワノヴィチ・シャリアピン(Фёдор Ива́нович Шаля́пин)です。彼は1873年生まれで、ボリショイ劇場で公演したこともあります。

そして、このシャリアピンという名前、どこかで名前に聞き覚えはないでしょうか。実は、シャリアピンステーキの由来になっている人なんです。彼は日本に来たこともあって、東京、名古屋、大阪を回ったようです。東京では帝国ホテルに宿泊しており、丁度その頃に入歯の不具合に悩んでいて、ホテル内の「ニューグリル」というレストランでステーキを食べた際に柔らかいステーキを食べたいという要望を出して当時の料理長 筒井福夫が考えたのがシャリアピンステーキと言われています。

さて、バウマン通りの南端に向かいます。

バウマン通りとプーシキン通りの交差点にあるカザン最大のショッピングモール「Кольцо」。カルツォと読む。このショッピングモールの内部については別記事で紹介したいと思います。結構広いので。

ショッピングモールのすぐ隣にある高台に立つ銅像。この銅像が誰なのかは残念ながら調査不足。分かり次第詳細を追記します……

高台から見下ろすカザン中心街。エピファニ教会の頭だけ見えてる感じですね。今の時間は車の数は少ないんですが、通勤時間になると渋滞が発生します。休日の朝とかだと観光バスも増えますね。

 

ここはショッピングモールのすぐ隣。この通りがペテルブルグスカヤ通りです。広場の中心には胸像。英雄でしょうかね。

さて、南下します。正面に大きな建物が見えます。これがグランドカザンホテル。カザンでもっとも高い建物です。この展望台にも上ることができます。確か400ルーブルくらいだったかと。

 

ホテルの入口。今回は展望台に行くつもりがないのでスルー。

地下鉄の入口はここ。Mはメトロの頭文字。

少し歩いて右側に現れるのがタタルスタン共和国の青年省。青年の国際交流や育成を支援する国の機関のようです。建物の前は広場になっていて、子供たちがボール遊びなどをしています。

通りには大砲のオブジェクト。他にも剣とか盾とかもあったりする。軍事大国ロシア。

「Сбербанк」というのは銀行です。ここまでくるともう人は少ないかな。日も暮れてきたようです。

次回はここからさらに南下したツガンアルブム総合娯楽施設です。

0

カザン観光 ~バウマン通り~

カザン・クレムリンからバウマン通りを下って南下します。このバウマン通りというのはたくさんのショッピングが立ち並ぶ、カザンでもっとも賑やかなメインストリートです。バウマンとは、1873年-1905年を生涯としたニコライ・バウマンというカザンの革命家の名に因みます。なお、本記事では「バウマン」と表記しておりますが「バウマナ」の方が発音的には正しい。ロシア語の文法が関係していて表記が異なっているわけですがーー ホテルがツガンアルブム総合娯楽施設近辺なのでそこまで徒歩にて。

カザン・クレムリンの門を出てからすぐに左に曲がって初めの通りがバウマン通り。まぁ人が多いのですぐに分かるでしょう。

バウマン通り沿いのクレムリョフスカヤ駅からクレムリンを見た図。丁度夕焼けで非常に綺麗な情景。ここがバウマン通りの北端。さて、南に進んでいきましょう。

通りはこんな様子。人が多いのが分かるでしょうか。後方のやや左に見えるのがグランドホテル カザン。その右側に見える塔みたいなのがエピファニ教会。それぞれの詳細については後ほど。

バウマン通りの脇道。正面に見えるのはBarかな、食事も楽しめるけどメインはアルコール。結構騒がしかった。その横に「пятница」って名前の飲食店があったのが印象に深い。これは「金曜日」という意味で、やっぱり休日前に飲んだりする習慣は世界共通だってことを実感。

さてさて再びГлавная улица!! あ、これは日本語読みすると「グラーヴナヤ ウーリツァ」って読んで「メインストリート」って意味ね。Главнаяがメインって意味で、улицаが通り。文法的な話をすると、улицаってのがaで終わる女性名詞なのでглавныйっていう形容詞が女性名詞にかかる形に変化してГлавнаяになる。冒頭で少し触れましたが、バウマンがバウマナになるのも同じ理由。本来はバウマンなんだけどулицаが女性名詞なので最後の「ン」が「ナ」になるわけで……どうでもいいか。

正面に変なコスプレ発見したので近寄る前に……

バウマン通りの名物その1「カザン・キャット」。今丁度人がいないけど、この像の前にはいつも行列ができてる。これは繁殖の象徴らしく、この像のお腹を撫でると子宝に恵まれるとかなんとか。お土産屋さんにもこの猫像の置物が売ってるので欲しい方はどうぞ。

カザン名物その2「エカチェリーナ二世の車」。エカチェリーナ二世は知る人ぞ知るロシアの女帝。ドイツ出身でありながらロシアの女帝になった聡明なお方です。確か外国人でロシアのトップになった初めての人だったかな? サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館には彼女のコレクションがおさめられていますね。

話しを戻して。この馬車には乗ることができます。たぶんカザン・キャットよりは並ばない。子供が多いと行列ができるかも。なお、後ろにみえるのは「Museum of Illusions」っていう博物館。何かガラスの迷宮とかあるらしい。どでかい人形が何なのかは分からない。こうやってみるとロシア語しかないのが分かるでしょうか。町の中でもほとんど英語が通じないので簡単なロシア語くらいは学んでから来た方が良いかもしれません。

そして先ほどの着ぐるみマン。正体はスパイダーマンでしたか。目が合うと近寄ってきたので早々に退散 😡 

今度は得体のしれないロボット2人組。このキャラがなんなのか分からないけど、地元では有名なのでしょう。スパイダーマンとは違って近寄ってこなかったのでじっくりと観察いたしました。

今度はミッキーマウス。てかこういうの多くない? ? 他のマスコットとは違って愛されていました。手に変なビラ持ってるけど、あれを配るのが目的なんだろうな。

ん? 何やら変な人だかりが。動画を撮ってる人もちらほら。

路上ライブでした。子供にも大人にも人気ですね。両サイドの方々はスマホで撮影中。ちょっと話はズレるけど、画像に見える「сувенир」ではじまる単語をかかげているのはお土産屋さん。左のと正面のとで少し単語が違うのは先ほど話した文法によるもの。あとに続く名詞の性別によって変わるのね。сувенирって並びだけ覚えておけば良いかと。

ライブだけじゃなくてこういうクラシックっぽいのもやってる。真ん中の男性、無表情過ぎないか?

軍隊のコスプレをしたライブも。場所は良いのに人はあんまりいないのはまだ始まっていないからだろうか。やっぱりロシアって軍隊人気なんやね。

記事が長くなってきたので今回はここまで。次回はエピファニ教会とかがメインになるかな。

0