ハイクラス高級旅館『ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド』② ~露天風呂付き客室(和室ツイン)紹介~

ホテルグランバッハ熱海クレッシェンドは大きく3タイプの部屋があります。

  • 露天風呂付き客室
  • ビューバス付き客室
  • 森の見えるお風呂付き客室

今回はこのうち露天風呂付き客室とビューバス付き客室の2つを予約しました。それぞれで違った雰囲気の部屋にしたかったので露天風呂付き客室は和室、ビューバス付き客室はハリウッドツインの洋室を選びました。

部屋のアメニティや冷蔵庫の中身などはどちらの部屋も同じでしたね。それでは早速部屋の紹介を。まずは露天風呂付き客室から。

 

露天風呂付き 和洋室:リビングルーム兼ベッドルーム

106号室が今回紹介するお部屋。基本的には1階が露天風呂付き客室、2階がビューバス付き客室となっています。そして上下階の角部屋が森の見えるお風呂付き客室となっているようですね。

今回はコロナウイルスの最中ということもあってか、入口に人数分のマスクと消毒液が用意されていました。ハイクラスの高級旅館でも各部屋に紙マスクを用意しているところは珍しいのでは。

お菓子は有田焼の箱の中に。こちらも他ホテルにはない提供の仕方ですね。クッキーや羊羹が上品に盛られております。

2人部屋なのでベッドも2つ。50平米なので十分な広さ。4人くらいは余裕で入れるんですが、あくまでも2名用のお部屋。和室ツインなので床は畳です。

部屋の奥側から。外の光が入ってくるため電灯をつけていなくても部屋は明るい。

テレビとタブレット。ベッドからだと少しテレビが遠い位置かな。

部屋の奥に露天風呂という配置ですね。

デスクもあって、引き出しの中にはLANケーブルと各種充電ケーブル。全部屋に無線Wi-Fiが通っているんですが、速度が気になる人はこの有線ケーブルを使えば良いでしょう。

用意されているのは館内着、丹前、浴衣、バスローブ、足袋。そしてバスタオルとフェイスタオルは館内の大浴場にそのまま持っていけるようにバッグに入れて置かれていました。

そしてなぜかスリッパ。この写真には2足ですが、各部屋3足用意されています。和室なのになぜ? と思いましたが、素足が気になる人もいるということでしょうかね。

 

ミニバー&冷蔵庫

ミニバーにはティーカップとコーヒーカップと湯呑茶碗。これらすべて日本製です。後で紹介する食事の記事でも話しますが、このホテルは日本製や地元にこだわっているように思えました。コンセプトは洋風なのに 🙂 

紅茶、コーヒー、お茶はすべてドリップが用意されています。コップにセットして上からお湯を注ぐようなアレです。

こちらが冷蔵庫。もちろんテイクフリー。2名用の部屋なので各ドリンク2つずつ。

 

パウダールーム

こちらがパウダールーム。露天風呂とは正反対の玄関側の配置。

アメニティはミキモトで統一。ここもメイドインジャパンへのこだわりでしょうかね。

シャワールームにあるシャンプー、コンディショナー、ボディソープも全てミキモトでした。ちなみにこのシャワールームは露天風呂のあるバルコニーから直結しています。

 

オーシャンビュー客室露天風呂&バルコニー

露天風呂へは部屋からもその隣にあるシャワールームからも行くことができます。

伊豆山の300m以上のところにホテルがあるので熱海の街の絶景を眺めながら浸れます!

刈り揃えられた庭園の向こうに臨む相模湾 🙂 

このチェアーがまた良い。これだと体が濡れたまま横になれるので楽ちん。ホテルによってはベッドが置かれているんですが、それだと体をシッカリ拭いてからじゃないと寝られないので。

日が沈んできました。熱海の町が赤く染まっている様子がこれまた美しい。

夜はこんな感じです。バルコニーにライトがあるので夜でも明るい。熱海の夜景とともに夜空のオリオン座を眺めながらゆっくりと温泉に。

 

客室露天風呂からみる夜明け

このグランバッハ熱海に泊まったら是非朝日はみてください。目が覚めたら日が昇りそうだったので急いで風呂へ向かいました。

朝からビールを飲みながらバルコニーの椅子に座って朝日を待ちます。

24時間かけ流しなので湧いている温泉に朝一で浸かれるのは露天風呂付き客室ならではの贅沢 😆 

部屋の中からだとこんな風景。

残念ながらこの部屋からだとこの時期の日の出の瞬間は見られないようだったので、朝日に染まる空を見ながら日が明けるのを待つことにしました 🙂 

 

長くなってきたので続きは次の記事へ。次回はビューバス付き客室のハリウッドツインを紹介します。

 

 

 

0

ハイクラス高級旅館『ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド』① ~施設紹介~

今回訪れたのは伊豆山361mのところにある『ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド』。コロナウイルスということもあって客室露天風呂付ホテルを選んだ次第でございます。ちょっと前に熱海ふふとATAMIせかいえを訪れていたので色々と比較できそうなのも楽しみでしたね 🙂 

 

ホテルグランバッハ熱海クレッシェンドの場所

熱海駅からは2~3kmほどの距離にあるのですが、山登りとなるので時間は結構かかる。ホテルの人に熱海駅からの所要時間を伺ったところ車で15分とのことでした。まぁ徒歩で来る人もいないとは思いますが、仮に歩きだとすると30~45分ほどだと思われます。

このロケーションなので眺望がとても良い。ホテルが相模湾を向く形で建てられているので水平線から立ち上る朝日を拝むことができます。

 

ホテルグランバッハ熱海クレッシェンドのエントランス

山道を走っているとGRAND BACH CRESCENDOと書かれた看板が見つかるのでそこが入口。暗くなってくるとライトアップされるので見逃すことは無し。

熱海駅からではなく十国峠側から降りてきても見えるようにこちら側にも看板有り。先ほどとこちらの看板の間にある坂道を上がっていきます。

すぐにホテルの建物が表れるので、入口の前に車を停めて荷物を降ろします。バレーサービスとなっているのでキーをホテルの方に渡してそのまま中へ。

こちらの装飾も観葉植物にライトがあたっていて洒落ていますね。

 

ホテルグランバッハ熱海クレッシェンドのフロントロビー

こちらがフロント。とはいえチェックインはここでするわけではなくロビーやラウンジでウェルカムドリンクをいただきながらになります。

フロントの横にあるショップ。食品類が多かったようなのですが、シャンプーやリンスのようなアメニティ類が無かったのが残念 😥 

ロビーはこじんまりとしていて席数もかなり少ない。我々が到着した時にはすでにチェックイン客がいっぱいだったので、この上の階にあるラウンジでのチェックインとなりました。

夜はこんな感じ。全16部屋のホテルなので他の客もほとんどいません。

このピアノは飾りではなく夕方は生演奏のパフォーマンスが行われます。曲はバッハのもの…… と思いきや幅広い曲を演奏されていました。

ホテルの名前にもなっているバッハの胸像。ヨハン・ゼバスティアン・バッハなのでいわゆる大バッハのことですね。

 

ホテルグランバッハ熱海クレッシェンドのテラス

テラスから見たロビー。夜の方が雰囲気は出ますね 🙂 

サンセットはテラスがおススメ。伊豆山に沈んでいく太陽がまぶしい!

マジックアワーは誰もおらず。この風景を独占できる素晴らしさ。

 

ホテルグランバッハ熱海クレッシェンドのLounge兼Bar

こちらがチェックイン手続きを行なったラウンジ。夕方はラウンジとして、夜はバーとして活用されます。

置かれている書籍も結構センスがある。私が持っている本も結構ありました。例えば自省録とかFACTFULLNESSとかとか。

ウェルカムドリンクにはアイスコーヒーをいただきました。このグランバッハでは珍しくワインも選べたのですが、アルコールがあんまり得意ではないので。それにしてもこの熱海と相模湾を眺めながらのドリンクは気分が良い。

チェックイン後に一度部屋に戻ってそのあと館内巡りをしていてラウンジを訪れたら「ドリンクとケーキはいかがですか?」と言われたのでせっかくなので。カメラを持っていたので写真用に柚子ワイン(濃いめ)を持ってきてくださいました 😆 

夜はバーとなるため、昼間とはまた違った雰囲気に。

窓際の席にはキャンドルライトが用意されております。

 

ホテルグランバッハ熱海クレッシェンドの施設紹介

本館2階のラウンジ横に置かれている宝箱。今はコロナウイルスのためか何も入っていませんでしたが、普段はこの中にテイクフリーのお菓子が入っているようです。

客室館の共通スペース。部屋でくつろげば良いのでわざわざここを使う人もいないようで、誰も使っているところを見ませんでしたね。

リラクゼーションルーム。こちらのマッサージチェアは利用自由。とはいえ誰も使っているところを見たことが無かった。

ジムもあります。山奥なので中々散歩もできないのでこういうマシンを使って運動すると良いでしょう。

ゴルフシミュレータもありました。この部屋には水を用意されていましたので、折角なので1本いただきました 🙂 

 

ホテルグランバッハ熱海クレッシェンドの大浴場

大浴場に入るには暗証番号が必要です。チェックインの時に教えていただけます。が、なんでこんなセキュリティがあるのかは謎ですね。こんな山奥に外部から入ってくるとも思えず。過去に何かあったのかな? 😕 

画像のはパウダールーム。今回私が予約したのは客室露天風呂付の部屋なのですが、このホテルには客室露天風呂付の部屋が7つ、内風呂付が9つとなっています。なので、客室露天風呂の部屋に泊まっている人がわざわざ大浴場まで来ることもなく。

風呂場にあるアメニティ。高級旅館の大浴場には歯ブラシがあるのがイイですね~

セキュリティボックスとお水の用意。常温のものも良いのですが、風呂あがりは冷えた水を飲みたい人もいるんじゃないかな? 冷蔵庫も用意すると親切なんですけどね。

 

ホテルグランバッハ熱海クレッシェンドの夕景・夜景

日が暮れてきたので写真を撮るため館内巡り。まずは一旦外に出てこちらの看板をみてみたく。案の定綺麗にライトアップされておりました 🙂 

すでに山の奥に太陽が沈んだ後。空がきれいなグラデーションを描いております。

中庭。このホテルは外からテラスに行くことができていて、特にここから見える景色は絶景。実は、エントランスを撮影している時に清掃員の方に出会って、その方にこの場所を教えていただきました 😆 

テラスからみえる熱海シティ。遠くに初島も見えますね!

そろそろ冷えてきたので館内へ。空ももうすぐ真っ暗に。

 

次回は部屋の紹介を。今回は露天風呂付部屋と内風呂部屋の2部屋予約したので一挙に!

 

 

0

『ラブライブ!サンシャイン‼︎ × 雄大 SUN!SUN! サンシャインCafe』に行ってきた

沼津に住みながらこれまで駅前にずーっとあったラブライブサンシャインカフェこと雄大フェスタにはじめて行ってみました。今更感もあって、この記事に需要があるかどうか分かりませんが、丁度キャンペーンくじをやっていたので紹介しようかと。

ちなみにGoto Eatキャンペーンを使ったので実質無料で利用できちゃいまして、それが今回訪れるキッカケになりました。

 

ラブライブサンシャインカフェ(雄大フェスタ)の場所

雄大フェスタは沼津駅南口を出て50m。徒歩1分以内。その昔、西武デパートのあった跡地の空きスペースに建てられております。

この雄大というのは沼津を中心にグルメやカラオケ、携帯電話事業を展開する複合エンタテインメント会社です。ラブライブサンシャインのアニメ舞台となった瞬間にコラボ出展した感じですかね。

 

ラブライブサンシャインカフェへ

沼津駅を出て真っすぐ南下すると目の前にアニメの看板がみえるのでそこがラブライブサンシャインカフェこと雄大フェスタ。非常に分かりやすい場所にあります。

入口はここ。今までの記事で何回も紹介してきましたが、今回ついてに初めて入店することになります!

 

ラブライブサンシャインカフェの店内へ

今回はディナータイムに入店しました。というのもGoto Eatキャンペーンだと1000ポイント還元されるので。ここはランチメニューがなく終日同じメニューなので、どうせ訪れるなら15:00以降が良いでしょうね。

入口にはアニメに登場する浦の星女学院の最寄りバス停である浦の星女学院前バス停のレプリカ。以前にこの女学院のモデルとなった長井崎中学校を紹介しましたね。

入口にはスタンプラリー用のスタンプ。その横にはトイレと。

ラブライブサンシャインのガチャガチャマシン。ちなみにアニメが終わってから数年経った今でも店内に入るには並ばなければなりません。今回は予約していたので行列を横目に入店することができました~

入口にたくさんのラブライブサンシャイングッズ。これら全部売り物のようですね。スゴイ。

ガチャガチャの景品の展示も。それにしても店内装飾が色々とスゴイ。

この日は津島善子と国木田花丸がゲストをお出迎え。サインは声優さんが訪れた時に書いていただいたもののようです。

コメントボードもビッシリ!

 

店内のテーブルへ

店の奥のテーブルに案内されました。予約していても予約席があるわけではなく、そのタイミングで空いていた席に案内されるようです。

このように壁際にビッシリとラブライブサンシャイン。

逆側にもキャラの等身大ポップがずらり。テーブルも学校の机となっているところが面白い。長井崎中学校の校内をイメージしているんでしょうけど。

よく観光地にあるような写真撮影用の看板。顔と腕を出して記念撮影するアレ。使っている人は誰もいなかったのですが、店の人に頼めば使わせてもらえるのでしょうか。そして声優さんのサイン入り高海千歌等身大ポップ。

カフェ中央にあるスペース。こちらにはアニメのシーンやキャラコースターなどが飾られています。

こちらにも同じように。

こちらにも別衣装の等身大キャラポップ。微妙に左のキャスターが邪魔をしてますね 🙂 

 

オーダー品の到着

ここはグラスメニューは1人1杯までで、グラスごとにランダムでラブライブサンシャインキャラのコースターが貰える仕組み。このランダムというのがコツで、コンプリートするには何回も訪れるしかないっていう。

グラスメニューはAquorsのメンバに加えてSaint Snowメンバを加えた合計11人を各々イメージしたオリジナルドリンク。そしてコーヒーと紅茶というラインナップ。画像右にあるのは「松浦果南」というメニュー。店の人に注文するときに「この松浦果南ってやつで」と頼んだら「松浦果南ちゃんがおひとつ」と話されていたのが印象に残っておりますw

今回はグラスに加えてヨキソバというオム焼きそばを注文しました。オリジナルコースターは国木田花丸、黒澤ルビィ、渡辺曜をいただきました…… あ、キャラ名には「ちゃん」付けしなきゃダメだったかも? 😉 

この角度だとヨキソバのYOの字がシッカリと見えますかね。ちなみにテーブル上もこんな感じでアニメシーンがちりばめられております。

 

期間限定のジャンボ宝くじ

グラスを返却すると1枚くじを引くことができます。1人1杯しかグラスオーダーできないので、必然的に1人1枚しま引けないことになります。こちらは期間限定のようですね。ちなみに私は外れでした 😆 

 

以上でラブライブサンシャインカフェの滞在終了。雄大グループだけあって料理も悪くなく、駅前のカフェとして普通に利用できそうなので今後も使ってみようかなと思いました。

0

ハイクラス高級旅館『ATAMIせかいえ』③ ~食事紹介~

熱海ふふに引き続き連続の鉄板焼きコース。このATAMIせかいえの鉄板焼き食事会場はカウンター席なんだけど個室になっているという少し変わった形式。カウンター席同士に仕切りがあって、隣の客は全く見えない造り。これって料理人からは全ての客の状態が確認できるし、客同士も顔を合わせなくて良いっていう。良く考えたなと思います。

 

ATAMIせかいえの夕食:鉄板焼きコース料理

月の道に宿泊している客はこの『肉料理ひとしお』にて鉄板焼きコースをいただくことになります。熱海ふふや箱根翠松園は鉄板焼きコースが抽選になってしまうのですが、ここATAMIせかいえは月の道さえ予約すれば確実にいただけるのが他系列店より優れていますね。

まずは前菜。いきなりフォアグラが出てきましたね。個人的にはサラダが少なかったかなーという感想。好みにもよるかと思いますが、私は前菜はあまり好きではなかった。ビーツ残しちゃいましたし💦

次に出された和牛の炙り肉。これは美味しかった! 前菜が微妙だったがゆえに猶更w

スープはオマール海老のラビオリが入ったコンソメスープ。これが結構お腹にたまる。

ようやく肉料理。豚のスペアリブ。この辛子がプチプチして独特な食感でした 🙂 

中盤にサラダ。あんまりコースの途中でサラダって食べたことなかったのですが、肉料理が続くので箸休めですかね?

前回の豚から今度は鶏。それにしても先ほどから写真上にみえるフィレ肉が気になってしょうがない 😕 

蕎麦にて口直し。ここまで肉肉した鉄板焼きコースも珍しいと思うけどどうなんだろう。もうすでに結構お腹いっぱい……

ついにメインディッシュ阿蘇牛フィレステーキ! ずーっと前の鉄板で焼かれていたものがようやく出されました 😆 

これにて豚→鶏→牛の3肉コンボ終了です 🙂 

肉を食べてお腹いっぱい、と思ってたら次にやたらと重々しい箱が……

カレーですかい。もうここまで来たら意地になって食べるしかない 👿 

最後はブドウのタルト。こちらでも誕生日のお祝いメッセージをいただきました! まぁデザートなら頑張って食べられる…… すでに少し気持ち悪くなってるw

以上で夕食完。正直相当ボリュームあります。肉3連続なので。もっとお腹を空かせておけば良かったー

 

ATAMIせかいえの朝食:鉄板焼きコース料理

ATAMIせかいえの鉄板焼きコースはまだまだ終わりません! 😆

なんと、朝食までもが鉄板焼きコースとなってます!! いやもう昨晩の料理がまだお腹にたまってて少しツライ 🙂 

食事後に出された球体。

中身はデザートでした。朝食は軽め…… とはいえお腹いっぱいなんですけどね。

 

以上でATAMIせかいえの紹介は終了です。熱海ふふの方がおもてなしと料理は上だと思いましたが、こちらは施設と眺めは良かったですねー。次回も熱海の旅館を紹介したいと思います。

0