ハイクラス高級旅館『ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド』① ~施設紹介~

今回訪れたのは伊豆山361mのところにある『ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド』。コロナウイルスということもあって客室露天風呂付ホテルを選んだ次第でございます。ちょっと前に熱海ふふとATAMIせかいえを訪れていたので色々と比較できそうなのも楽しみでしたね 🙂 

 

ホテルグランバッハ熱海クレッシェンドの場所

熱海駅からは2~3kmほどの距離にあるのですが、山登りとなるので時間は結構かかる。ホテルの人に熱海駅からの所要時間を伺ったところ車で15分とのことでした。まぁ徒歩で来る人もいないとは思いますが、仮に歩きだとすると30~45分ほどだと思われます。

このロケーションなので眺望がとても良い。ホテルが相模湾を向く形で建てられているので水平線から立ち上る朝日を拝むことができます。

 

ホテルグランバッハ熱海クレッシェンドのエントランス

山道を走っているとGRAND BACH CRESCENDOと書かれた看板が見つかるのでそこが入口。暗くなってくるとライトアップされるので見逃すことは無し。

熱海駅からではなく十国峠側から降りてきても見えるようにこちら側にも看板有り。先ほどとこちらの看板の間にある坂道を上がっていきます。

すぐにホテルの建物が表れるので、入口の前に車を停めて荷物を降ろします。バレーサービスとなっているのでキーをホテルの方に渡してそのまま中へ。

こちらの装飾も観葉植物にライトがあたっていて洒落ていますね。

 

ホテルグランバッハ熱海クレッシェンドのフロントロビー

こちらがフロント。とはいえチェックインはここでするわけではなくロビーやラウンジでウェルカムドリンクをいただきながらになります。

フロントの横にあるショップ。食品類が多かったようなのですが、シャンプーやリンスのようなアメニティ類が無かったのが残念 😥 

ロビーはこじんまりとしていて席数もかなり少ない。我々が到着した時にはすでにチェックイン客がいっぱいだったので、この上の階にあるラウンジでのチェックインとなりました。

夜はこんな感じ。全16部屋のホテルなので他の客もほとんどいません。

このピアノは飾りではなく夕方は生演奏のパフォーマンスが行われます。曲はバッハのもの…… と思いきや幅広い曲を演奏されていました。

ホテルの名前にもなっているバッハの胸像。ヨハン・ゼバスティアン・バッハなのでいわゆる大バッハのことですね。

 

ホテルグランバッハ熱海クレッシェンドのテラス

テラスから見たロビー。夜の方が雰囲気は出ますね 🙂 

サンセットはテラスがおススメ。伊豆山に沈んでいく太陽がまぶしい!

マジックアワーは誰もおらず。この風景を独占できる素晴らしさ。

 

ホテルグランバッハ熱海クレッシェンドのLounge兼Bar

こちらがチェックイン手続きを行なったラウンジ。夕方はラウンジとして、夜はバーとして活用されます。

置かれている書籍も結構センスがある。私が持っている本も結構ありました。例えば自省録とかFACTFULLNESSとかとか。

ウェルカムドリンクにはアイスコーヒーをいただきました。このグランバッハでは珍しくワインも選べたのですが、アルコールがあんまり得意ではないので。それにしてもこの熱海と相模湾を眺めながらのドリンクは気分が良い。

チェックイン後に一度部屋に戻ってそのあと館内巡りをしていてラウンジを訪れたら「ドリンクとケーキはいかがですか?」と言われたのでせっかくなので。カメラを持っていたので写真用に柚子ワイン(濃いめ)を持ってきてくださいました 😆 

夜はバーとなるため、昼間とはまた違った雰囲気に。

窓際の席にはキャンドルライトが用意されております。

 

ホテルグランバッハ熱海クレッシェンドの施設紹介

本館2階のラウンジ横に置かれている宝箱。今はコロナウイルスのためか何も入っていませんでしたが、普段はこの中にテイクフリーのお菓子が入っているようです。

客室館の共通スペース。部屋でくつろげば良いのでわざわざここを使う人もいないようで、誰も使っているところを見ませんでしたね。

リラクゼーションルーム。こちらのマッサージチェアは利用自由。とはいえ誰も使っているところを見たことが無かった。

ジムもあります。山奥なので中々散歩もできないのでこういうマシンを使って運動すると良いでしょう。

ゴルフシミュレータもありました。この部屋には水を用意されていましたので、折角なので1本いただきました 🙂 

 

ホテルグランバッハ熱海クレッシェンドの大浴場

大浴場に入るには暗証番号が必要です。チェックインの時に教えていただけます。が、なんでこんなセキュリティがあるのかは謎ですね。こんな山奥に外部から入ってくるとも思えず。過去に何かあったのかな? 😕 

画像のはパウダールーム。今回私が予約したのは客室露天風呂付の部屋なのですが、このホテルには客室露天風呂付の部屋が7つ、内風呂付が9つとなっています。なので、客室露天風呂の部屋に泊まっている人がわざわざ大浴場まで来ることもなく。

風呂場にあるアメニティ。高級旅館の大浴場には歯ブラシがあるのがイイですね~

セキュリティボックスとお水の用意。常温のものも良いのですが、風呂あがりは冷えた水を飲みたい人もいるんじゃないかな? 冷蔵庫も用意すると親切なんですけどね。

 

ホテルグランバッハ熱海クレッシェンドの夕景・夜景

日が暮れてきたので写真を撮るため館内巡り。まずは一旦外に出てこちらの看板をみてみたく。案の定綺麗にライトアップされておりました 🙂 

すでに山の奥に太陽が沈んだ後。空がきれいなグラデーションを描いております。

中庭。このホテルは外からテラスに行くことができていて、特にここから見える景色は絶景。実は、エントランスを撮影している時に清掃員の方に出会って、その方にこの場所を教えていただきました 😆 

テラスからみえる熱海シティ。遠くに初島も見えますね!

そろそろ冷えてきたので館内へ。空ももうすぐ真っ暗に。

 

次回は部屋の紹介を。今回は露天風呂付部屋と内風呂部屋の2部屋予約したので一挙に!

 

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Solve : *
17 × 1 =