寸又峡温泉郷の有名旅館『翠紅苑』③ ~食事紹介~

『寸又峡温泉 翠紅苑』の食事紹介です。大規模旅館ではないため朝食夕食はビュッフェ形式ではなく、食事会場での提供となります。

前回記事の案内と同じとなりますが、宿の場所については前回の記事『寸又峡温泉郷の有名旅館『翠紅苑』① ~施設紹介~』をご参照ください。

 

『寸又峡温泉 翠紅苑』の夕食

夕食は懐石料理です。ドリンクメニューも用意されています。夕食会場にもコーヒー、紅茶が提供されていないんですよねー。

また、特別室は料理が勝手にグレードアップされます。例えば、通常の夕食だと猪肉なのが牛肉になっていますね。特別室以外はオプションでグレードアップできるみたいです。

懐石とはいえ、はじめの時点でかなりの料理が並べられています。少しお高い旅館だと着席してから一品ずつ持ってきてくれるのですが。案の定、冷めていました😢

あまごの塩焼き。山中の旅館だと鮎とか岩魚が出ること多いイメージだから、これは珍しい。

天ぷらとごはんセット。なんというか家庭料理みたいな雰囲気。変に旅館っぽくしない分、こっちの方が良いっていう人もいるかもですね。

デザート。フルーツそのままってのは有難い。水菓子はシンプル is ベストですね。

以上が夕食なのですが、量はめっちゃ多かった。特に牛肉のしゃぶしゃぶが多すぎて食べきれなかった。あまごや天ぷらは味わっている暇なんてなくて、胃に押し込む感じ。ボリュームを求めている人にとっては良いかもしれません。

それでは引き続き朝食の紹介です。

 

『寸又峡温泉 翠紅苑』の朝食

朝食も席に用意されていました。根菜類が多いので健康食にこだわる方には良さそうです。後ろの席の宿泊客が高齢者のグループだったのですが、根菜類が多いことに喜んでいました。お年寄り向けなのかもしれません。

ドリンクはセルフサービス。これは嬉しい。都度注文するよりも、好きな時に好きなだけ飲めるこのスタイルの方が好きです。で、寸又峡滞在初のコーヒーです! 久々のコーヒーだったので2杯も飲んでしまいました。寸又峡にもコーヒーはあったのですね……

ご飯も味噌汁もセルフサービス。嬉しいですねー。

食事会場はこんな感じ。如何にもっていう老舗旅館の和室会場。

他のお客さんが全員出て行った後の風景。ちなみにこの時は12月の冬だったのですが、シッカリと暖房がきいてるので暖かったです。

 

『寸又峡温泉 翠紅苑』の夜景

記事の文字数が少なくなってしまったので最後に翠紅苑周辺の夜の風景でも。こちらは翠紅苑正面。すでに人通りはほとんどありません。

寸又峡のシンボル。宿泊しないとみられない光景です。

駐車場にもほとんど車が停まっていません。貸切状態

バス停には蛍光灯だけが灯っています。ここだけは夜でも明かりを消さないらしい。

翠紅苑の正面玄関。夜は昼とは違った趣があっていいですね。

 

以上で寸又峡の紹介は終了です。アクセスは難しいですが、一生に一度くらいは訪れると良いかと。それなりに有名な観光地ですし、秘境の中での温泉旅というのは日々都会で生活している人にとっての癒しにもなるでしょう。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 ※ が付いている欄は必須項目です

Enter Captcha Here : *

Reload Image

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。