シドニーの再開発地区『バランガルー』を経由して

今回はシドニーのメイン観光地サーキュラーキーを通り過ぎ、ハーバーブリッジをくぐり抜けてバランガルー地区へと向かいます。このバランガルーというのは再開発地区ということで発展途上の場所。あんまり観光地として訪れる人は少ないかもしれませんが、バランガルーの中のバランガルー保護区と呼ばれる場所では地元民がジョギングしていたり、ピクニックをしていたりとそれなりに親しまれている地区のようです。

 

バランガルー徒歩マップの紹介

今回通ったのは赤ルート。道のりにして多分4kmくらい。マップでみれば分かる通りバランガルー地区はサーキュラーキーとダーリングハーバーの中間に位置している。

通常サーキュラーキー~ダーリングハーバーの移動は水上バスになるかと思う。なぜならバスはハードル高いので観光客にはあまり使われず。また、電車に関してはダーリングハーバーの最寄り駅が市役所駅(Town Hall Station)となっているため、かなり歩くことになるから。

……ということで観光客にはあまり通る必要のない地区なわけだけど、実際に行ってみたら結構良かったので紹介したいと思います。

 

バランガルー保護区へ

ハーバーブリッジすぐ下にはイベス ステップス(Ives Steps Wharf)という水上バス乗り場があります。ここら辺はドーズ・ポイント(Dawes Point)と呼ばれてる地域で観光客は少ないけれど地元民が散歩とかで楽しめるエリアっぽい(たぶん)

シドニーの郵便ポスト。郵便ポストも世界各国で違ったデザインなので記念に撮っておいた。色も赤くてなんか普通だ。

頻繁に見上げてしまう。せっかくツアーとかじゃ訪れない場所なんだからハーバーブリッジを色んな角度から楽しみたいよね。

シドニー湾の方に出てみた。港町って感じ。

なんかよく分からんオブジェクトがあった。車が岩でペシャンコ 😆 

サイドに回ったら岩に顔があった 😯  アートなのかいたずらなのか……

最後に背面。グッバイ!

ハーバーブリッジから少し離れてきたぞ

シドニーシアターカンパニーなるものとシドニーダンスカンパニーなるもの。なんだ会社かよ。

やっぱり川沿いが歩いてて気持ちいいので場所移動

波止場がドーンと川に突き出てる風景が続きます。

レストランが立ち並ぶ。観光客はほとんどいないと思うけど、地元民には愛されてる場所なんだなと実感。昼間から酒飲んでるオーストラリアンたちでした。

再び内陸側に戻ったら再び意味不明なオブジェクト。あ、再びって連呼しちまった。さっきのレッドカーwith顔入りロックといい、デザイナーズエリアなんかね。

 

のどかな緑に包まれたバランガルー保護区

川沿いに歩いて行くとゲート発見! あそこがバランガルー保護区の入口でしょう。

中はこんな。バランガルー地区というのは再開発真っ只中で工事とか進んでるんだけど、ここだけは緑を残そうという意味で保護区なのでしょう。

入口にトイレ。もちろん無料です。ここでトイレを拝借し、服を着替えました。

写真だけだと伝わらないんだけど、この日すごく暑くてたぶん30℃後半くらいだったと思う。その炎天下を荷物担いで歩き続けてるわけだから、かなり体力的に消耗してしまうわけですよ。

着替え持ってきておいて良かったー 🙂 

トイレからみた入口ゲート。向こうの方にシドニー中心部の高層ビル群が見えますねー。で、さっきの暑さの話なんだけど写真に写ってるおっさんが全身白装束で半袖短パンで休憩しているところからも察してください 🙄 

ここら辺はバランガルー保護区の中でもミラーズポイント(Millers Point)と呼ばれるビューポイント。川沿いは風が吹いてくるので涼しい~

こんな整備された道を進んでいきます。ここは自転車も走れますよ。ただし車は立入禁止。

体力が戻ってきたので上の方に上がってみましょう。絶景を求めて!!

おお!! 素晴らしい!!! オペラハウスは見えないけどハーバーブリッジと緑の組み合わせはロイヤル植物園に似たものがある。

この川をずーーっと上って、さらに奥地へ進んだところにブルーマウンテンズがあるんですよねー。まぁ後々の記事にてこの川を下ってくるわけですが。

ここエレベーターまで配置されてるんですよ。折角なので使わせていただきましょう。

 

Let’s 再開発地区へ

ここまでがバランガルー保護区でした。リラックスできた~

で、正面に見えるところら辺が再開発地区。どんどん高層ビルが建築されていくのでしょうね。

ビッグバスシドニー(Big Bus Sydney)とすれ違いました。この観光バスはバランガルー保護区にも寄るんですねー。「歩きたくないよ!」「時間が惜しいよ!」って方はこのバスを使うという手もありです。まぁ1日券とかで5000円くらいしちゃいますが。

今までとは違って人工的な地域だなぁ。

accentureのシドニー支社。ITコンサル、システム開発で有名な会社です。JPモルガンは中心にあるのにアクセンチュアはここにあるのねー

こちらはセキュリティソフトで有名なシマンテック社。ビジネス街ですね

 

Wynyard駅からバランガルー波止場へ

ウィンヤード駅(Wynyard)に到着。ここから川沿いへと戻ります。

ショッピングエリアを通過。

またよう分からんオブジェクト。シドニーああいうの好きだなぁ

このショッピングエリアは中々の高級志向でシャネルとかもありました。

レストランが並ぶ通りを突っ切る。

でっかいオフィスビルのエントランス。無視で。

到着しましたバランガルー波止場(Barangaroo Wharf)。ここまでくればダーリングハーバーはもうすぐ。

川沿いも先ほどの保護区周辺と比べてかなり発展している雰囲気。

 

次回はシドニー第二の湾『ダーリングハーバー』へ!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Solve : *
25 − 15 =