港町シドニー第2のベイエリア『ダーリングハーバー』

サーキュラーキーからバランガルーを経由してダーリングハーバーまで歩いてきました。近い将来バランガルーも観光地化すればここら辺一体全部観光地になるわけですねー

 

徒歩マップ『ダーリングハーバー』

ダーリングハーバーも観光地が多いので2部構成にて。今回はバランガルー方面からシドニー水族館を経由してピルモンテ橋を渡り終えるまで。ちなみにサーキュラーキーから電車で来る場合はタウンホール駅(Town Hall)から歩いて来ることになります。一番いいのは水上バスだろうね。サーキュラーキーから船で直通ですゆえ。

 

バランガルー方面から水族館へ

ダーリングハーバー付近はいきなり人が増えます。明らかな観光客だからけ。治安が良いので堂々とカメラを肩からぶら下げながら廻れます!

水上バスの乗り場もデザイナー的。ここは2番乗り場らしい。

泊まってる船もデザイナー的! なんだよこのガラス張りフェリーはよお!!

この湾に沿って奥の方へと。あ、右奥の方に🎡が見える🐘

バランガルー方面を振り返る。前回の記事で通ってきたThree International Towersが高い 😯 

水上タクシー。イエローキャブならぬイエローウォータータクシー。料金はダーリングハーバーからサーキュラーキーまでで$15~$25程度。2000円前後ってことかな。意外に安い。

イタリアンレストラン。なんというか…… 外装がボロボロ……

シドニータワーアイが見えた。あそこは後で行くとして。そろそろシドニー水族館ことSEA LIFEに到着ですよっと

 

シドニー水族館(SEA LIFE)周辺

ここからギフトショップが立ち並びます。けど、安く買いたいならここでまだ買っちゃダメ。次回の記事あたりで安く買えるお店を紹介しますね。

ホップオンホップバス(HOP-ON HOP-OFF Bus)のカウンター。シドニーは歩いて回りますが、ブルーマウンテンズは歩くと途轍もなく時間の無駄なのでこれを予約することになります。それはまた別の記事の話。

横にシドニー水族館の入口がありますねー

ここがシドニー水族館SEA LIFEのチケット売場。スゲー人…… 本当は入館するつもりだったけどやめました。水族館って料金高いし、ひとりで入っても何か微妙なんでまぁいっか。興味ある人は訪れてみてください!(適当

この行列だからねー。休日は難しい。ちなみにこの日は土曜日ですw

あ、これってSEA LIFEだけの建物じゃないのか。実は、その他にシドニー野生動物園(WILD LIFE Sydney Zoo)、マダムタッソーシドニー(Madame Tussauds Sydney)ってのもあるらしい。さっきのチケット売場は何も水族館だけの客じゃないってことか。そりゃあ混むわ……

WILD LIFEはその名の通り動物園。で、マダムなんちゃらってのは世界のスターたちの人形がたくさん飾られてるミュージアムのようなものらしい。

どうやらセット券だと安く入れるらしく、さらにシドニータワーアイとのセット券まで売られているらしい。次回はこういうのも利用しようかな。今回は初シドニーなんで広く浅く観光します!

 

SEA LIFEからピアモンテ橋(Pyrmont Bridge)へ

さて、ここから対岸へ渡るためピアモンテ橋へ。普通に観光してると徒歩1、2分で着いちゃうほど近いんだけど、無駄に時間をかけて道中紹介していきましょうかね!

こんな観光客で溢れかえってる場所なのに中にはこんな潰れてるような店も。そもそも営業してんのか? テナント料が高いんでしょうねー。右の方に映ってる鳥が何とも 😆 

ダーリングハーバーMAP。今更感あるけどね。

アルビオンミルズ(Albion Mills)っていう製粉所跡。1833年にここダーリングハーバーにヒューズとホスキングによって蒸気製粉所が開設された。ちょうど写真のがそのイメージですかね。でも1841年に火事で焼失し、1843年に破産。その被害額は£95,000という膨大な損失。

なんか予想に反して暗い物語が書かれてた……

ピアモンテ橋はもうすぐ

バーやビストロ、そしてクルーズ会社が立ち並びます。ただでさえ物価の高いシドニーでこんな立地なんてお値段も相当高そう。

クルーズ代理店の一階はこんな。別に面白くもなんともなかった 😥 

ペンギンの置物だ! 面白いものあったー。ここはツアー代理店らしく、先ほどの行列ならばんでも水族館セット券とか購入できるみたい。他にも水上タクシーとかもここで予約できるのだろうね。

さて、そろそろ橋を渡ろうか。

 

ピアモンテ橋(Pyrmont Bridge)

橋を渡ろうとしたらまたもやトイレ。本当にトイレに困らない観光地だ。

こんなエレベータで上へとあがります。大都会シドニー

ようやく橋上。制限速度は10km。ゴミ箱も置かれてる。日本は道上にゴミ箱無いの不便だよねー

道幅は十分。だだっ広い歩行者&自転車専用です。

SEA LIFE&WILD LIFE&マダムなんちゃら。風も吹いていたのでしばらくここの眺めを楽しみながら休憩しちゃった。

向こうの方へ進んで陸に沿って右の方へ向かえばサーキュラーキー。なんとなくバランガルーのクレーンが風景を台無しにしてるような気も 😕 

戦艦が停泊中。と思いきやあれも博物館。次回の記事にて少しだけ紹介予定

イビスノボテルソフィテルのホテル群。大体星のランクも3、4、5という感じのホテル群。もちろんソフィテルは真ん中の高い建物です。

 


Booking.com

ダーリングハーバー付近も結構高いんです。でも、花火の時期とかにホテルから見たい場合は少し奮発してもソフィテルとかの高層階予約するのもイイかもですね!

眼前に見えるはオーストラリア国立海洋博物館(Australian National Maritime Museum)。そろそろ暑くなってきたのであそこで一休みしよう。

振り返るとシドニーの高層ビル群。こうみるとやっぱりシドニーって都会だよなー。

 

次回はこの続き。ダーリングハーバー第二弾です!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Solve : *
13 + 12 =