モスクワ観光 ~夏編~ ボリショイ劇場からマネージュ広場へ

時間が無いので今回は赤の広場近辺だけ行こうかなと。時間があれば救世主ハリストス大聖堂にも足を向けて、その帰りにプーシキン美術館に寄って空港へというルート。

赤の広場の最寄り駅はチェアトラーリナヤ駅(Театра́льная)と言って、実はベラルースカヤ駅から緑のザモスクヴォレーツカヤ線(Замоскворе́цкая ли́ния)を使って乗り換えなしで10分程度。

地下鉄に乗る際の注意点は、社内に次の停車駅の表示がされないこと。なのでロシア語が聞き取れないのであれば駅の数を数えておく必要があります。駅構内にも駅名の表示はあるにはあるのですが、所々にしかなく、乗ってる車両によっては駅名の確認ができません。駅員に聞いてもロシア語しか通じないことがほとんどなので気をつけてください。

目的地はベラルースカヤ駅から3つ目なのでシッカリと覚えておきましょう!

参考までに途中駅は、ベラルースカヤ駅 (Белору́сская)→マヤコフスカヤ駅(Маяковская)→トヴェルスカヤ駅(Тверская)→チェアトラーリナヤ駅(Театра́льная)。

で、到着すると結構駅構内が複雑…… 取りあえず近くの出口から出ようと思い、やっとこさ改札を抜けると。

ででーん! はじめはこの建物がなんだか分からなかったんだけど、案内表示を見たら。

ボリショイ劇場と。ほほー、ここがバレエで有名なボリショイ劇場ですなー。ちなみに上画像の表札には「ロシア ボリショイ劇場『チケット売場』 営業時間:15:00から16:00までの休憩時間を除いた11:00から20:00まで」と書かれております。

丁度、この時、劇場前で絵画の展示会のようなものが開かれており、少しだけ賑わっておりました。

写真だと明るく見えるのですがすでに時間は18:00過ぎ。20:00までって書かれてるのに何故か劇場の扉は閉ざされており、中に入ることは叶わず 😐 

時間もないのでサラッと見終えて赤の広場を探す。……探すにしても分からん。確かボリショイ劇場から南西の方角にあったから、取りあえずボリショイ劇場前の大通りを劇場を背にして右側に進むことに。

この大通りを直進すること2、3分。すると左側に広場っぽいのが見えたので、地下道を使って向こう側へ。

赤いオブジェクトに赤い建物! ここが赤の広場?! と思いました。実は後から分かったんですが、ここはマネージュ広場(Манежная площадь)というところだったんですね。ロシア語だとマニェージュナヤ プロ―シャディ。プロ―シャディとは広場という意味です。ちなみにサンクトペテルブルクにも同じ名前の広場があります。まぁそんな赤の広場だと思っていた場所にはお花畑や綺麗な噴水があって綺麗な場所でした。

左の方に赤っぽい建物があるし赤の広場っぽいでしょ? 後方の大きな建物はホテル・モスクワこと超高級ホテルの世界チェーンで有名なフォーシーズンズホテルです。

先ほどの写真の後ろ側。遠くに見える白い建物はモスクワ・マネージュと呼ばれ、昔は訓練学校や美術館として使われていたようですが、現在は展示ホールとして利用されています。

なんと地下鉄の駅が!? ここオホートヌイ・リャート駅(Охотный ряд)が最も赤の広場に近い駅となっています。が、ベラルースカヤ駅からだと乗り換え1回必要なので、結局チェアトラーリナヤ駅から歩いた方が早いっていう。

モスクワ・マネージュの横には噴水があって整備されています。噴水の正面が駅の出口と直結しているため、人が多く賑わってます。

こんな道も。水のアーチの下をくぐり抜けられるのですが、そこそこ濡れる。夏なので涼しいから丁度いいかも?

長くなってきたので続きは次回に。次はクレムリンです。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Solve : *
18 − 1 =