ハイクラス高級旅館『熱海ふふ』③ ~食事紹介~

この熱海ふふは料理が美味しいと評判だったので食事は楽しみ。夕食は日本食と鉄板焼きがあるのですが、鉄板焼きは1日8組限定ということなのでせっかくなので予約時に鉄板を申し込み。要望に応えられないときは連絡が来るとのことでしたが、特に何もこなかったので無事当選したようです 🙂 

 

熱海ふふの夕食:鉄板焼きコース料理

鉄板焼きはカウンター席となっています。目の前で料理人が作る様子を見つつ、会話しながら食べていくスタイル。まぁ一般的な鉄板焼きですね 🙂 

当時コロナウイルスで館内マスク着用義務があったのですが、テーブル上にそのマスクを置くためのマスク置きを用意してくれていたのには驚きました。こういう細かな気配りが本当に良くできている旅館だと思いました。

本日ご馳走になる和牛。料理人の方が「写真撮りますか?」と焼く前のお肉を撮らせてくださいました 😆 

ちなみに料理は月替わりとなっているため、毎月違った料理を楽しめるってことですね。

まずは和牛のたたき。薄味なのでペロリとひと口で。

戻り鰹と旬の魚のお刺身。お塩と醤油はお好みで。

次はお椀。この出汁がとても美味しかった。味付けが本当に上手いんですよ 🙂 

四の皿は選択形式。サーモン、伊勢海老、鮑の中から選べるのですが、伊勢海老と鮑は追加で5,500円。私はそもそも伊勢海老と鮑が好きではないのでデフォルトのサーモンを選択。

コースは時間を空けて料理が出されるので、量の割にはここら辺でそこそこお腹がふくれてきます。

焼き野菜。山葵は葉っぱの形に象られていました。フランス料理とかだとバターが松ぼっくりの形にされていたりしますが、和食でこういうのは新鮮ですねー

ようやくメインディッシュの和牛ステーキ。このステーキもサーロインとフィレが選べるのですがフィレを選択。出来上がりでホクホクで美味しく、お肉もスゴく柔らかいー 😆 

ご飯とみそ汁とお新香。みそ汁は赤出汁。ご飯はガーリックライスと白米を選べるのですが、鉄板で焼いていただけるガーリックライスを選択。白米は普通に食べられるけど、ガーリックライスはこういう所でしか食べられませんからねー

ここからはデザート2種。初めはシャーベット。ちょっぴりお酒がきいていてサッパリして美味しい。

最後は鉄板で焼いたどら焼き。この日は誕生日に訪れたので、なんとチョコレートでHappy Birthdayの文字を書いてくれました。

この字上手すぎると思いません?? 実は料理人の方が元パティシエらしくこういうのが得意らしい。料理人の幅の広さに驚かされますね 😯 

ここまでで夕食は終わり。もうお腹いっぱい。

 

熱海ふふの朝食:和食料理

朝は和食と洋食が選べましたので和食を選択。

初っ端はお豆腐ですねー

次にメイン。朝食も味付けが美味しかったー

窓際に座らせていただいたので外を見ながら優雅に食事。雨じゃなければテラス席も選べたんでしょうかね。

最後にデザートとドリンク。デザートはサッパリしてて美味しかったのですが、もっとシンプルにメロンとかスイカとか梨とかをドーンと出してくれた方が個人的には良かったかなぁ。

 

これにて熱海ふふの紹介を終わりますが、この旅館は料理とおもてなしのレベルが本当に高い。実はこの翌日に系列店のATAMIせかいえに宿泊する予定だったのですが、そのために色々と特別な対応をしていただきました。また泊まりに来たいと思わせる宿でしたね。

次は同じカトープレジャーグループ系列のATAMIせかいえを紹介します。

 

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Solve : *
26 + 26 =