ハイクラス高級旅館『熱海ふふ』② ~部屋紹介~

熱海ふふ」は大きく3種類の部屋タイプに分かれています。普通部屋というものはなく、全部屋スイートルームとなっていて、しかも全室客室露天風呂付き。下から順番にスタイリッシュスイート、コンフォートスイート、ラグジュアリースイートとなっています。しかも同じデザインの部屋はなく、全室異なる部屋構造となっているようですねー。

今回宿泊したのはその中のコンフォートスイートの宏(ふかし)という部屋。入り口からほど近い建物の2階にありますが、エレベータやエスカレーターがないため、足腰に不安な方は事前に宿の方にその旨伝えておいた方が良いでしょう。

 

リビングルーム&設備

熱海ふふと聞くとどうも古い建物をイメージする人が結構いるらしいのですが、部屋は非常にキレイ。この部屋は洋室ですが、畳のある和洋室部屋もあります。

チェックインはこのソファーに座りながらしました。フロントでするよりもリラックスしながらできるのが素晴らしい。海外の高級ホテルだとスイートルーム以上はラウンジ内でのチェックインとなったりするんですが、日本だと中々そういうシステムもなく。

部屋にはネスプレッソマシンと電気ケトルが設置。横に置かれているペットボトルの水を使ってお湯を沸かしたり、コーヒーを作ったりします。

コーヒーカップもグラスも湯呑みも用意されています。ネスプレッソマシン用のコーヒーは一番右の黒い箱の中に4種類×2の計8個が入ってます。

で、このコーヒーカップがイタリア製ブランドの「リチャード・ジノリ」。湯呑み系フランス製ブランドの「マリアージュ・フレール」。確かここの宿って子供お断りじゃなかったような…… もし子供が割っちゃったらどうするんでしょ(-_-;)

グラスも必要以上に用意されております。ブランドは不明。

Pioneer製のDVDプレイヤー。部屋にリストがあって、バトラーに頼めば持ってきてくれます。とはいえ、旅館に来てまで映画を観ようとは思わないけど 🙂 

冷蔵庫の中はフリードリンク。お菓子とグラスが冷やされているところにこだわりを感じます。

 

ベッドルーム&部屋着

ベッドルームはこちら。旅館によくあるシモンズ社製ベッド。寝室にもテレビが付いてるんですねー。木々に囲まれているので蚊がいるためか、押し入れの中には殺虫剤とベープリキッドが入っていました。

男女別の浴衣(足袋付)とナイトウェアとバスローブ。この浴衣もバスローブもバトラーに連絡すればすぐに新しいものに取り換えてもらえます。

デスクにはイギリス製のカシミヤストール。同系列のATAMIせかいえの上級スイートルームではこのカシミヤがアルパカに代わっていたので、ここもラグジュアリースイートならアルパカなのかもしれません 🙂 

 

パウダールーム&シャワールーム(ミストサウナ付)

広々としたパウダールーム。洗面器がシッカリと2つ用意されているのはさすがですね。用意されているアメニティは日本製の余香(YOKOU)。オーガニックなので無添加で安心安全。他にもシスレの化粧水セットが置かれていました。もしアメニティが気に入らなければ、ロクシタンやポーラを追加で持ってきてもらうことができます。

ドライヤーはパナソニック製。ヘアアイロンもあります。

下の段にはカールドライヤーまで…… しかもブラシ部分は包装されているので使い捨てなんでしょうね。ここまで多種類のドライヤーが用意されているのは中々珍しい。

こちらのシャワールームはなんとミストサウナ&水サウナ機能がついてます。これはすべての部屋にあるわけではないようですね。これのおかげで露天風呂に入った後に水サウナで涼んで、再び露天風呂…… という無限ループを試すことができるっていう。

こちらが先ほど紹介した余香のオーガニックシリーズ。気に入ったのでお土産に購入しちゃいました 🙂 

 

客室露天風呂&テラス

部屋の外にはテラスと露天風呂。今回雨の日に訪れたためテラスにソファがありませんでしたが、晴れの日はテラスにある正方形の台の上にソファーが用意されるようです。まぁソファーが無いから露天風呂から出て体も拭かずに気軽に寝っ転がれるっていう利点もありましたが 🙂 

テラスの外は一面緑が広がります。非常に静かで聞こえてくるのは鳥の鳴き声くらい。

風呂は24時間出続ける源泉かけ流し温泉。温度調節も自分でできるのもGOOD。お酒好きな人なら露天風呂に入りながらビールを飲むっていう普通の部屋ではできない楽しみ方ができると思うんですが、私はあんまりお酒が好きではないのでサイダーを飲みました!

この熱海ふふでは部屋ごとにバトラー(コンシェルジュ)がつきます。コーヒーカップやバスタオルを使い終えたら、入口にある荷物受渡用ボックスに入れておくと、バトラーが定期的に見回って新しい物に交換してもらえるし、急いでいる時は電話でお願いすればすぐに対応してくれます。

そしてこの荷物受渡ボックスが素晴らしい。普通の旅館だとバスタオルを交換してもらいたい時は電話でお願いした後、旅館の人がドアをノックして、こちらもドアを開けて受け取らなければなりません。しかし、この方法だと電話で頼んだ後は風呂に入ってしまって、出てから新しい物を取り出せばよいので手間がかからないんですねー

 

さて、次回は食事を紹介。ここ熱海ふふは料理が美味しいことでも有名なんですよ~

 

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Solve : *
6 × 18 =