沼津観光 ~出発地点沼津駅から内浦へ!~

最近、地元の沼津が有名なアニメのロケ地になったみたいでして、地元応援をかねて今回から沼津特集にしたいと思います。そのアニメというのがラブライブサンシャインというタイトルで、最近何かと話題になってる聖地巡礼というもののようです。地元民としては地域活性化に貢献してくれるのは有難いかぎり 😛

実をいうと、私自身三津シーパラダイスや淡島に行ったことがなかったので丁度良い機会だとも思いました。地元人ほど地元の名所に行かないというのはよくあること。長井崎中学校って……どこ?? というところからスタートでした 🙂 

画像は沼津駅南口前にドカンと居座っている建物。入口にはサンシャインカフェと書かれていました。今まで何カ月も沼津にいて気がつかなったけど、こうやって意識すると目立ってますね 😉 

どうやらアニメの舞台になったのは沼津駅から沼津港までの間と、そこからかなり離れた淡島から長井崎中学校までがメインということ。下図の赤丸の範囲がメインのようです。間違ってたらご指摘お願いします!

東京や名古屋、京都、大阪方面からくる場合は新幹線の停車駅である三島駅からバスで廻るルートが便利かもしれません。が、ここではせっかくなので沼津駅からのルートと、ロケ地付近での観光ポイントなどを紹介したいと思います。

元々沼津港付近は東京からの観光客が多いので、新宿や東京駅からの日帰り高速バスが出ています。急いでいるのであれば新幹線でも構いませんが、富士急シティバスであれば乗り換えなしで沼津まで来られるので楽なのでおススメです。しかも平日であれば「平日限定得ダ値きっぷ」を利用すれば往復3,000円です。

東京方面から電車で安く来たいのであれば新宿から小田急線を使うのが良いでしょう(※画像はYahooの路線検索サービス)。新宿から小田原まで小田急線を使い、小田原から沼津までは東海道線の鈍行を利用する方法です。この方法には裏技があって、新宿近辺のチケット屋では「小田急株主優待乗車証」が600円前後で売っているので、それを使うと片道合計1,300円くらいです! チケット屋の場所はインターネットで「新宿 チケット屋」で検索するとたくさん出てきます。これは自分が学生の頃は金を節約するためにお世話になったルートです。

観光する前の注意点としては必ず事前に時刻表を確認しておくこと! 都会と比べてバスの本数が少ないので基本的に30分に1本。時間帯によっては1時間に1本しか来ないこともあります。時刻表を頭に入れておくことで効率的に観光できます。

さて、沼津駅から長井埼中学校への行き方についてですが、沼津駅南口の8番乗場から「木負・江梨・大瀬岬行き」のバスに乗り込みます。まずは沼津駅南口から南に直進。

右側のは井上靖の文学碑です。北海道のイメージの強い井上靖ですが、学生時代は沼津で過ごしていた頃がありました。その時に通っていたのが静岡県立沼津中学校、現在の沼津東高校です。この母子像には「原子力の力を超えるものがあるとすればそれは愛の力だ」という意味の詩が刻まれています。そして真ん中のは、沼津機関区の歴史を印した記念碑です。展示されているのは蒸気機関車C58230の動輪とその煙扉です。

2018年10月10日からこの文学碑の前から沼津港までの無料EVバスが試験運行されました。詳細は「乗るチャンスは今だけ! 無料EVバスの沼津駅~沼津港間試験運転中」にて。

通りを1つ超えるとバスステーション。1番乗り場に沼津港行きのバスがありますが、実は無料バスも出ているので時間が合えばそちらの方がお得。ちなみに無料バスの乗り場はここから離れているので注意。

話しが途中で少し逸れますが、沼津港に行きたい方は、沼津駅を出たらロータリー沿いに右側に進みましょう。丁度左にカーブするあたりにピンク色の旗があるので、そこが無料バス乗り場です。現在では無料バスはなくなってしまったようです。しかし、前述したように2018年10月に無料EVバスが試験運行しました。

さて、話しを戻しましょう。1番バス乗り場からさらに1つ通りを超えるとサンシャインカフェの目の前に出ます。

店の中にバス停があるのは面白い。中にはアニメ関連のグッズや喫茶店があるようです。ラブライブサンシャインファンの方にとってはバスが来るまでの時間つぶしに良さそうな場所です。写真は人の少ない時を狙って撮影されたものですが、実際は結構繁盛してました。経営は雄大グループが行なっているようで。

この雄大グループというのは沼津では結構有名で甲羅本店や自然食レストランなど様々な事業展開をしている会社です。アニメのブームに乗ってすぐにこういうカフェをオープンするのは見事な経営手腕です。

カフェ前に出たらバスロータリー沿いに左に進むと、奥の方に8番乗り場があります。ペイントまでされてるとは…… 驚きました。降りる場所は重須もしくは木負東口です。木負東口からの方が中学校まで距離的には近いのですが、重須で降りた方が中学校へ行く途中の上り道で淡島の風景をみられるので良いかもしれません。乗車時間はおよそ45分。料金は2017年現在で片道850円です。今回は重須で降りた場合の行き方を説明します。

時刻表は東海バスHPより確認できます。30分に1本くらいかな。西浦行のものに乗れば大方大丈夫ですが、念のためバスの運転手に行先を告げると良いかと思います。

次回は長井崎中学校です。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Solve : *
23 × 24 =