シーニックワールドのアトラクション第4弾『ケーブルウェイ(Scenic Cableway)』

ついにシーニックワールド最後のアトラクション。谷底から上へとロープウェイで舞い戻ります。

 

シーニックケーブルウェイ(Scenic Cableway)のマップ

マップを載せる必要があるかどうか分からなかったけど一応ね。単純に麓から上へあがるだけね。

 

ケーブルウェイ乗り場は大混雑

うわ、並んでる…… なんかブルーマウンテンズって大混雑だね。とは言っても行列に並びはじめてから乗るまでは6分程度。ケーブルウェイって一回に乗れる人数が多いので回転率が速いんですよねー

もうここまで来ちゃったよ。どんどん中に入っていく。

 

ケーブルウェイに搭乗

一度に全員乗れてしまった…… ほとんど最後に乗ることになったのだが、それが幸いしてケーブルウェイの最後列角を確保することができた。つまり、下の風景を見ながら登れるってこと。

写真は中から撮ったもの。もう誰も並んでませーん。

本当にこの場所取れたの最高だよね、こんな感じで外の風景が綺麗に眺められる。

中はこんな感じで混みごみ。真ん中らへんって外の風景みにくいから残念だよね。乗るなら絶対に窓際だよ!

ちなみに、ケーブルウェイも動画を撮影しました。アクセス数が増えてきたら(以下略)

 

あっという間に崖上へ

着くと皆さん早々と出ていきます。もう少しゆっくりすればいいのに 😥 

私はと言いますと。全員出ていって空になるまで居残ってしまいましたー! やっぱり定員相当多いねコレ。

自分が降りた直後からすぐにこれからウォークウェイへ向かう軍団がケーブルウェイに乗り込みはじめました。逆回りの方が空いてそうだなー

小走りで進んだら前の集団に合流。どうやら出口で待ってるらしい。一番初めに出るならともかくこれじゃあゆっくりしていても出る時間大して変わらなかったねー

出口はコレ。腕のバーコードをあてて読み取らせるやつ。

こんな感じでチケットをリーダーに読み取らせるわけですよ。

 

ブルーマウンテンズのお土産売り場ショップへ

出口はショップに繋がってる。ってことはやはり正規ルートはスカイウェイ→レイルウェイ→ウォークウェイ→ケーブルウェイなんだなと。普通すべてのアトラクションを終えてから土産を買いますからね。

おお、ちょうどカンガルーのリュックサックが売れるところだ! 2匹のカンガルーが顔出してるデザイン可愛いね!!

ここがケーブルウェイの入り口だそうで。どうみても空いてる。逆回転する人はこっちの方が混まないのを知ってるベテランさんとみた。

海外の通貨でも買い物可能。ただしレートは悪め。アメリカドル、イギリスポンド、カナダドル、ユーロ、ニュージーランドドル、中国元、そしてなんと日本円も利用可能!! すごい!!!

ショップで一番興味深かったのがこのエリア。ぬいぐるみの数が半端ねぇーー 😯 

コアラとカンガルー特にすげーーーー 😯  これだけオーストラリアの動物たちが愛されてるってことですね。

 

次回はブルーマウンテンズの目玉『エコーポイント』へと!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Solve : *
16 ⁄ 8 =