シドニー郊外の閑静な地区『ピアモント』へ

オーストラリア国立海洋博物館からさらにダーリングハーバー奥地へ向かっていきます。観光客のほとんどはここから先へは行かないのかな。まぁ実際に行ってみると観光地としては微妙かもしれないけど、シドニーという街を観光地以外の側面が知ることができたのかなと。

 

徒歩マップ「ピアモント地区」

こうやってマップで歩いたルートをみてみると結構歩いたことが分かる。実は少し迷ってしまって、どちらに向かえばダーリングハーバーに戻れるのか分からなくなった瞬間もあったけど無事に復帰。ダーリングハーバー付近はWi-Fi繋がるところが多いけどピアモント地区の奥地はそんなのないので困った。

 

マリタイムヘリテージセンター(Maritime Heritage Centre)

オーストラリア国立海洋博物館をさらに進んでいって湾沿いに進むと右手側にWelcome Wall。ようこそと言われても観光客の数はここから一気に減ります。

Wharf7付近。Maritime Museumの文字があるってことはここもまだ海洋博物館の敷地内ってことなのか。

広場にあるコンテナはただの置物ではなかった。こんな風にひとつひとつが展示コーナーになってる。シドニーってデザイン性に凝った町なんだね

ここも

ここも

ここも展示室なんです! 人がひとりもいないけどね。博物館から案内板とか出せば良いのにね。

ここはマリタイムヘリテージセンター(Maritime Heritage Centre)。うーん、強引に日本語に訳すとしたら海事遺産センターとかかな? 船の展示とかされてるみたいです。入館は無料って後から知ったので、この時はスルーしてしまった…… 皆さんは訪れてくださいね!

ダーリングハーバーが少しずつ遠ざかっていく。

 

ドルトンハウス(Dolton House)

ちょうどBIG BUSが横を通り過ぎた。なるほど、ここもこのバスの巡回ルートなのか。とりあえず、案内板にある通りここを直進してピアモント湾公園(Pyrmont Bay Park)へ。

ピアモント湾を通り過ぎて見えてくるのがドルトンハウス(dolton house)。イベント会場で結婚式とかパーティーとか行われる建物。まぁ観光客にはあんまり関係ないかな。

ドルトンハウスの前にある彫像。家族を表しているようだが……

“Life From A Suitcase”。ズラズラと長ったらしい文が書かれているけど、オーストラリアへの移住を記念して作られたものらしい。昔、オーストラリアに移住してきた人たちが初めに降り立つ地がここら辺だったらしいね。

こちらは横に書かれているもののサマリーに見える。

 

バラアーラット公園&メトカルフェ公園(Ballaarat Park&Metcalfe Park)

さて、ピアモント湾に沿って波止場の先っぽの方へ。

ダーリング島の歴史。ダーリングハーバーは埋め立て地らしく、その昔小麦の輸出工場があったり、その後戦時中は兵士を運ぶための鉄道が敷かれたり、第二次世界大戦後は移民の受け入れ地になったりと。なんか一時的にカジノとしても使われていたらしい。

ここから見える再開発中のバランガルー地区。数年経てばここからの風景もだいぶ変わるんだろうか。

角っちょに変なおっちゃんが座ってる。

おっちゃんいい場所取ってんなー

これは船着き場かな。満潮なのか分らんが下の方が海水に浸ってる。

ここからダーリングハーバーはこんな風に見える。シドニータワーアイも視界内。

そろそろダーリングハーバーへ戻ろう。けど来た道戻っても仕方ないのでピアモント地区の街並みを見ながらにしようかなと。

メトカルフェ公園を通り過ぎてジョーンズ・ベイ・ロードへ。

 

The Starホテル周辺

ジョーンズ・ベイ・ロードに入って少し進むと左側にThe Starというホテルが見えます。このホテルなぜかマップとかにも乗ってる有名五つ星ホテル。

Booking.com


 

高層階からダーリングハーバーも見えるナイスロケーション! 少しお金に余裕があるならここに泊まるのもいいかもですね~

シドニー住宅街の道路。こうやって自転車専用レーンが分かれてると安心だよね。日本も少しずつ導入されてはいるけれども。

ウロウロしてたらハリス通り(Harris Street)のユニオンスクエア(Union Square)ってところにたどり着いた。ここにもマップが。正直どこ歩いてるか分からなくなってたのでこういうマップがあると非常に助かる。海外でポケットWi-Fiは基本契約しないので。

で、ここにも立派なクリスマスツリー! 夜はライトアップされるんだろうなー

KURA蔵っていう日本食レストラン(Japanese Restaurant)発見! シドニーとかメルボルンにはそこそこ日本食のお店があります。まぁ料金はめっちゃ高いんだけど 😐 

 

子犬と遭遇

ところどころに配置されているマップを頼りに何とか大通りに。歩道橋を上ったら下にトラムが見えた。今までメトロはあってもトラムはみてなかったので新鮮な気分。どうやらトラムはセントラル駅からこのピアモント方面に延びてるらしい。観光客はあんまり使うことはないと思う。

歩道橋はダーリングハーバーまで繋がってました。写真でみえてるのはタンバロング公園(Tumbalong Park)

歩道橋歩いてたらわんこと邂逅🐶 つぶらな瞳でジッとこちらを見つめてます。可愛い! 🙂 

あ、下向いちゃった 😥 

エレベーターまでずっと一緒でした。このワンちゃんの飼い主に「可愛い犬ですね!」って言ったら「ありがとう」って返された。さりげないコミュニケーション 😆 

 

戻ってきたダーリングハーバー

やっと戻ってこられました。一安心。

ここもICC Sydney。この建物はシドニー土産を買うならダーリングハーバーが断然イイ!で紹介しましたが、それとは陸橋を挟んで反対側にある建物です。

こちらもICC Sydney。なんかアネックスみたいなのが多いね。

タンバロング公園の風景。

噴水は地面の少しだけ凹んだところからリズミカルにぴゅーぴゅー噴き出してた。遠くからみたときは白い鳥がたかってたんだけど近づいたら逃げられてしまった 😥 

中国風のゲート

中国庭園(Chinese Garden)なるもの。入園料は大人$6。面白いのは年間パスポートなるものがあるところ。しかも家族券もあるんだね。

時間も時間なので今回はスルー。なんか国立海洋博物館といい、結構スルーしてる観光地多いなぁと思う今更

さて、そろそろダーリングハーバーを後にして次の目的地セントラル駅周辺まで行ってみよう。

なんか工事中みたいなのでこのトンネルをくぐらねばならないらしい。

 

次回はマーケットシティ経由でセントラル駅の方面へ!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Solve : *
22 − 13 =