NEOPASA駿河湾沼津で沈みゆく太陽を眺めながらついでに夜景も撮る!!

前回に引き続きNEOPASA駿河湾沼津。今回は夕暮れから夜景の主に風景を中心としていきたいと思います。NEOPASA駿河湾沼津の場所は…… これは前回の記事を見てもらえば良いので割愛しましょう 🙄 

 

2階テラスから展望台デッキへ

2階のテラスに出てみたらすでに日が沈みかかり、空が少し赤く染まりかけていました。正面遠くに見えるのが大瀬崎。そこから左に向かって西浦、内浦、静浦、そして沼津市街地、と続きます。

中央やや左の方に止まってるトラックってよくよく見てみたら「バスバス」って書かれてるところに止まってね? おそらく大型車はOKなのでしょうが、だったら大型車って書けよって思うわけですよ。

完璧な瞬間を捉えた。太陽が建物と山に沈む瞬間。よくみると円形に虹がかかってる。レインボーNEOPASA🌈

こちらは太陽を背にした反対側。それではスターバックスの前の道を横切って展望デッキへ向かいましょうか。

久々に訪れた展望デッキ。もう2年ぶりか?? そういえばこんな鐘あったなぁと。

展望台からみた沼津市。ボーっと風景眺めてたらだんだん空が暗くなりはじめ、そろそろ星がうっすらと見えてくる時間帯へと突入。ここでもう少しだけ展望を愉しみ、そして1階へ。

 

1階で夕暮れからトワイライトタイムへ待機

展望台は人っ子一人いない閑古鳥だったのに対して、1階はまだまだ人が多くシャッター速度を遅くしなければ人が写り過ぎて著作権やらなにやらの問題で顔にモザイク処理をかけないとならないのが面倒くさいので少し明るすぎる画像をアップロードすることに至る。

NDフィルターも持ってきてなかったんでマトモに写真撮れるまでは待機ですねー。仕方がないので前回の記事で紹介したような「ラブライブ!サンシャイン!!」の垂れ幕とかを撮ってました 😆 

NEOPASA駿河湾沼津の全体像を撮ろうとしたけど、あまり離れすぎると建物が小さく写ってしまうのでこんな感じで妥協。結構暗くなってきましたねー

太陽の沈んだ方角をみてみると完全に山の端に隠れた模様。

ここでどうでもいい蘊蓄(うんちく)でブログの字数稼ぎさせてもらうんだけど『山の端』と『山ぎは』って似たようで違った意味になってて、『山ぎは』は山に接する空の部分で『山の端』は空に接する山の部分のこと。枕草子で覚えている人もいるだろうが。

ごめんなさい、本筋に戻りまする。

暗くなってきましたねー。ここまでになるとF値を大きくすればスローシャッターで撮影余裕。ちなみに通行人の邪魔にならないように端っこでコソコソ三脚を立てて撮影しているのでみなさんの邪魔にはなっていないと思います(たぶん……

狙っていた写真が撮れました! 空のグラデーションがイイ感じでかかってGood!! 本当はもう少し1階で粘っていたいけれど2階の風景もカメラにおさめたいのでこれにて撤退。

 

再び2階テラスへ……

沼津市街地の方はもう暗くなっていましたが、辛うじて大瀬崎ら辺から右の方は太陽の光が届いている感じだった。さっきよりもトラックが増えてて、完全にバスの場所を占拠してた。

星も肉眼でハッキリ見える時刻。この夕暮れから夜景までの眺めは絶景だね!

2階テラスの様子。夕暮れ時は人がいっぱいいたけど、暗くなるとあんまり人が来ない。

完全に真っ暗になってしまった駿河湾。もうどこが海なのか区別がつかん…… 😥 

最後に真っ暗になったNEOPASA駿河湾沼津を正面から📷

 

NEOPASA駿河湾沼津(下り)へちょっと寄り道

これが地元の強み! 上りと下りを一気に楽しめるんだよねー。こっちはラブライブ要素は一切なくて、その代わりにNEXCO中日本のマスコットキャラクター『みちまる』君がお出迎えしてくれます~👏

これが「みちまる」君だ! 何気に可愛くて癒される 😳 

下り側の展望スポット。残念ながら今は真っ暗で何も見えませーん。左の方に白く光ってるのが沼津駅周辺でしょうね。大都会沼津!!!

まぁ何というか特に変わったところはなく普通のサービスエリアかな~。やっぱりNEOPASA駿河湾沼津に訪れるなら上り線がおすすめ。東京から大阪方面へ行く方は帰りに、逆に大阪から東京方面へ向かう方は行きに訪れると良いかと思います。まぁ……行きも帰りも寄ればイイって話でもありますけどね 😆 

 

次回は再びオーストラリアの記事をご紹介! ついにシドニーの大観光名所、世界遺産『ブルーマウンテンズ』へと向かいます!!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Solve : *
10 ⁄ 2 =