超高感度カメラで沼津の夜景撮影① ~びゅうお&港町八十三番地~

以前「沼津観光 ~びゅうお・港口公園~」の記事の中で、びゅうおの夕焼けと夜景を紹介したのですが、その時使用したのがコンデジだったためにあまり綺麗な写真が撮れず。で、「沼津の夜景を一挙紹介! ~花火大会前日の嵐の前の静けさ~」でコンデジをフル活用して何とか綺麗に撮ろうとはしたものの、やっぱり満足できない結果となっておりました。

そして、今回はびゅうお撮影リベンジで夕方からジッと待ち続け、ようやく自分なりに納得できるレベルのものが撮れたので紹介したいと思います!!

 

撮影場所『びゅうお』&『港町八十三番地』

びゅうおは港口公園側と魚市場側の両サイドがあるのですが、今回は魚市場の方から撮影。この3月の時期の太陽が沈む場所から考えて、こちら側の方が夕陽が綺麗にみえるので。

で、港町八十三番地は人がいなくなった平日の夜を狙って撮影。深夜だと店が閉まってしまうので、閉まる前の明々と輝いている姿を撮影したかったので。

 

びゅうおの背後に沈む夕陽、そして夜景

びゅうおの下の隙間から太陽が輝いてる瞬間を捉えました。何度か設定を変えて太陽光の撮影に成功。ここから日が沈むまで何度か場所を変えてベストポジションを捜索。

少し前進してびゅうおに近づきます。今回はびゅうおと太陽を主役に。こう見るとびゅうおが大きく見えてラスボス感出ますね 😆 どうでもいいけど、夕日がまぶしくてとても目に悪い気がしますです 😥 

ホワイトバランスを変更して全体的に青い感じに。びゅうおのイメージカラーって(たぶん)青なんでちょうど合ってるのかなと。

太陽が雲に隠れてきたのでまぶしさが和らいできた。

日が沈む少し前から徐々にびゅうおがライトアップされてきました。びゅうおはライトアップの色のバリエーションが多く、青だったり、オレンジだったり、青&オレンジだったり…… 今回は青のようです。

風も強くなってきて体も冷えてきた。けれどもここからは少しも気が抜けない。

完全に日が沈みました。けれど水平線からの光で空は微妙にオレンジに染まっております。ここからはトワイライトタイムに向かって空が青く染まっていくターン!! もう場所はここで固定。ひたすら寒さに耐えながらもファインダーを覗き続けます 🙂 

街灯の色とびゅうおの色と空の色がちょうど良い感じで色づいた瞬間。やっと自分なりに満足できる夜景写真をGET!! この後、何枚か撮ったのですが、なかなか良いものが撮れないまま真っ暗になってしまいました。夕陽が沈んでから空が完全に暗くなる前の限られた時間制限があるのが難しいですねー。しかも雨や曇りだと諦めるしかありませんし。

 

昼の活気ある『港町八十三番地』の夜の顔

店が閉まる前を狙って八十三番地へ訪問。昼間だとどうしても人が多く、こういう閑散とした姿は中々みることが難しい。あまり夜遅すぎると周囲のライトが消えてしまって、雰囲気が出なくなってしまうのでこの時間帯がベストですね。とはいえ、休日はなんだかんだで夜まで人が多いので平日がベター。

沼津港の提灯を中心に。浜焼きしんちゃん、活けいけ丸、そして沼津港深海水族館「シーラカンス・ミュージアム」が全部一枚におさまりました!

びゅうおと港町八十三番地に夜に訪れる方は少ないかとは思いますが、昼とは違った雰囲気を楽しめます。機会があれば訪れてみてください 🙂 

 

次回は御成橋を中心に狩野川沿いの夜景を紹介します!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Solve : *
4 + 25 =