リバプール観光 アルバートドック ~海商都市のウォーターフロント~

これまでリバプールを色々廻ってきてやっとアルバートドックに来られました 😉 

このアルバートドックっていうのはリバプールのウォーターフロントにあたって、様々なアトラクション、博物館、レストラン等が立ち並ぶ恐らくリバプール1位の観光スポットだと思います。

ワンバスステーションからの位置関係はコレね、すぐ横。アルバートドックってのはこの今回歩いた赤線のルートに囲まれた船渠(せんきょ)のこと。すぐ北側がピアドック、すぐ南側がキングスドック。

アルバートドック付近のそれぞれの建物の紹介をしてしまっては1記事が膨大な量になってしまうので、本記事ではアルバートドックだけに絞って、なおかつ博物館等については別記事で紹介することにしますね!

バスステーションの西側の通りの向こうに見えるのがアルバートドック。信号を1つ渡るだけで到着。

石畳を歩きながらアルバートドックの領域に足を踏み入れる。目の前の門が入口。右側に「Albert Dock」って書かれてるとこ。

ドックに停泊している船。向こう岸はピアドックなので詳細は別記事にて紹介をば!

メリーゴーランドもあった。夜まで営業してるようで綺麗にライトアップされます。その画像も夜のアルバートドックの記事にて!

アルバートドックの入口にあるこちらはパンプハウスを改装して作ったレストラン。屋外デッキもあって、海を眺めながらフィッシュアンドチップスやビールが楽しめる場所。この時間でもお客がみられます。

レストランからの風景。天気が少し残念だけど晴れならイイ景色がみられそう!

マージーサイド海事博物館。こちらではリバプールの黒歴史が学べます。ビートルズやサッカーのイメージがある観光地なんですが、その昔は三角貿易の拠点になっていて…… この博物館はあとで入るので取りあえず今はアルバートドックをぐるっと一巡り。

桟橋を渡ってドックの奥深くへ。赤レンガ作りばっか。

これがアルバートドック本体。船が停泊してます。これを囲むようにしてお土産屋やらレストランやら博物館が立ち並んでるんですよー

テート博物館。ここは一部を除いてほとんど写真撮影が禁止だったんであまり紹介できないんで、さっきのマージーサイド海事博物館と一緒の記事で紹介しちゃおうかな。

入口と対角線上の位置から。うーん、やっぱり天気悪いのがイタイ。イギリスって中々晴れないんだよねー

建物を横切ってアルバートドックの外側へ。いきなり観覧車があらわれてビックリ! 😯 

今通過してきたこれは南側の入口。写真みれば分かると思うけど、扉の向こうがすぐ出口になっててアルバートドックに出られます。そして、右側にはリバプールにたくさんある喫茶店COSTA。アルダーヘイにもあったよね。

The Beatles Story! このビートルズストーリーってのはいわゆるビートルズ博物館。入場料が結構高くて大人1人だと£16くらいするんだよね。ビートルズ好きなら行くべきなんだろうけど。ちなみに真ん中に立ってるおっさんはビートルズストーリーのオブジェでも関係者でもなくただのおっさんです 😕 

さて、先に進みましょうか!! 南側の入口の全体像。アルバートドック周辺を主に観光したいならここのPremier Innに泊まるのもありかもね。まぁ近くにHoliday Innもあるのでお好きなところにでも。

ちょうどビートルズショップがあったので中に入っていくつかお土産を購入した。ビートルズ博物館には行かなかったけどこっちでお金落としたから良いよね 😛 

一度大通りに出てみました。最初に載せたマップの赤線がUターンしてるところ。右側がアルバートドック、左側がキングスドック。

おや? 通りの向こう側に面白い彫像が。

こちらは重さ4トン、高さ15フィートで実物大の馬像。実はこれロープでかたどられたあとに鋳造されたもの。大きな馬に引かれた裸の奴隷は、昔の奴隷貿易時代に強制労働を強いられていた様子を風刺したものだとか。なお、この作者は「Edward Cronshaw」っていうらしい(そんな人知らんけど 😆 

さてさて再び海側へ。レストラン見つけたんだけどお値段が高そうだったからやめた。ちなみにここがさっきちょこっとだけ名前を出したHoliday Innの入口みたいだね。

アルバートドックからみたキングスドック。向こう側へはまだ行かないよ!

海側。えーと、厳密には海じゃなくてマージ―川(Mersey River)って言うんだけど。

それはいいとして、鎖に凄い数の錠前! これはカップルが永遠の愛の証のためにつけるんだって。確かドイツでも同じようなのがあったけどヨーロッパって愛の強さを錠前で表すことが多いんですねー。

ね? 凄い量の錠前でしょ? あと、何気にここからの眺めが気に入ったり。

少しここで休憩 😮 

あ、そうだそうだ。このアルバートドック一帯はWi-Fiが通ってるのでインターネットを使い人は使うべきだね!

次は今回飛ばしたマーシーサイド海事博物館でも行ってみますか

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Solve : *
13 − 12 =