カザンカ川

■カザンカ川とは

カザンカ川

カザンカ川とは、ヨーロッパ最長であるヴォルガ川の支流です。タタルスタン北西部に位置するアルスクに端を発し、タタルスタン首都カザンにてヴォルガ川に合流します。

カザンカ川沿いは区画整備されており、観光地にもなっています。夜は綺麗にライトアップされ、遅くまで家族連れやカップルが訪れるスポットです。

 

観光時間の目安

6 hours

6 hours

3 hours

3 hours

1 hour

1 hour

アクセス

  • クレムリョフスカヤ駅(Кремлёвская)

見学可能日時

指定なし

 

■観光開始

昼

カザンカ川昼1

昼間から多くの人がカザンカ川を訪れています。散歩をする人、ベンチで休む人、食事をする人、などなど。所々に草で造られたモニュメントが置かれています。

 

カザンカ川昼2

カザンカ川沿いにはレストランが立ち並びます。写真にみえるレストランで昼食をとりました。タタルスタン料理を提供する上品なレストランで、英語のメニューもありました。さすがに昼間からレストランで食事をする人は少ないようで、店内は空いていました。

 

夜

カザンカ川夜1

夜はライトアップされ、昼間以上に活気があります。汽車の乗り物が行き来したり、自転車が行き来したりと、夜遅くにも関わらず非常に人が多いです。

 

カザンカ川夜2

メリーゴーランドの後ろにカザンカ川が流れ、川の向こうには観覧車が見えます。真っ暗になるとイリュミネーションが映えるの良いのですが、日没直前の風景も味わい深いものがあります。

 

カザンカ川夜3

噴水とレストランです。噴水は時間とともに色が鮮やかに変わっていきます。レストランもこの時間は混雑。後方にはカザン・クレムリンがライトアップされていて、非常に綺麗な景色が広がります。写真では人通りが少ないように見えますが、実際は非常に多く、少なくなったタイミングを見計らって撮影しました。

 

戻る