〜一座小山旁利物浦旅遊利物浦大教堂 - 唐人街

リバプールも残すところリバプール大聖堂とメトロポリタン大聖堂のみまずはリバプール大聖堂から行ってみますか

徒歩で行くのが良いでしょうリバープールライムストリート駅の隣のGreat George Streetをひたすら南下するのみ迷うことはないでしょうバスで行くのは結構大変なんですバスで行くとしたらリバープールライムストリート駅からGreat George Street沿いに南下して少し歩いたところにあるLiverpool, Lime Street Station (Copperas Hill)”というバス停から3駅乗ってLiverpool, Upper Duke Street (Anglican Cathedral Rear)”で降りることになります乗車時間は5分ほどまぁリバプール大聖堂は坂道の上にあるので足に負担を掛けたくない場合はバスもありかも

バスを使う場合はUPPER DUKE STREET(Anglican CathedralもしくはAnglican Cathedral Rear)で降りることになりますOne Bus Stationからだと82番バスに乗って乗り換えなしで来られるのですがライムストリート駅からだとCopperas Hillというバス停まで少し歩く必要があります

バス停からすぐのところに中華街実はリバプールの中華街は欧州最古のものですしかし現時刻は早朝そして雨ということで誰一人おらず閑散と

角度を変えてもう1枚このネルソンストリート沿いはほとんど中華ショップ。良好、昼頃きたら面白そうなんだけど今回は時間がないんだよね

中華街の門を背にするとリバプール大聖堂の姿を拝められます世界でもっとも高く広いゴシックアーチが自慢らしい。1904年から1978年にかけて建てられたこの大聖堂はロンドンにあるセント・ポール大聖堂の2倍ほど!! この写真は少し遠くから撮影してるのであんまり高く見えないかも? 朝8時から入口が開くようなので少し待ち

大聖堂の前の通りの名

8時になったから中に入りましょうあれ? 入口が閉まってる…… と思ったらこの正面の門の左側が入口

大聖堂内のイベントテーブルまぁ一般人にはあんま関係ないそして入場料は無料リバプールはほぼすべての観光スポットが寄付制なのでお金にやさしい 🙂

入口に入った瞬間に圧倒…… 天井が凄く高くて驚いた薄暗いオレンジのライトが雰囲気だしてるね

教壇までには椅子がズラ――――――っと!! ミサの参加者がものすごく多いことが分かる朝一番で乗り込んだ甲斐があった普段は人が結構いそうなので

荘厳なステンドグラス下のパネルはよー分からん

やっぱりこの屋内風景は凄いなー

こっちはタワーの入口かな? タワーに上るには2018年現在で大人£5.5子供とシニアが£4.5しかし朝8時はオープンしておりません平日は朝10時かららしいねちなみに土曜日なら9時から登れるらしい最終は平日17時まで土曜日16時までで最終入場はその30分前。除了、時間と料金は変動すると思うので訪れる方は必ず官方網站で調べてくださいね!

右サイドからさて奥に進みます

何か色んなものがお供えされてるねー壁には絵画もある

ここまで近づいてみた精巧な装飾が凄いね大聖堂を作るのに80年くらいかかってるだけあって手抜きがない

絵画ちょっと作者は分かりませんねー

奥から少し横に入ったところは少し寂しい 😥

大聖堂の奥から入口側に向けてやっぱり青いステンドグラスが存在感ある写真だとあそこまで近く見えるけど実際はかなり遠い!

棺?

張りつけにされてる人を象ったもの。哦、ちなみにこの像の左側にあるのはローソク立てです日本だとお賽銭にあたるようなものでローソクを購入してここに置きます

変なオブジェクト見つけたハートマークの飾りが多いのをみるとウェディングか何かかな? たぶんここで結婚式あげられるんだと思う

階段を下った奥の方にも変なものが少し物置みたくなってた 😀

地下に小さめの聖堂を発見! 中央の左側に青い服着た像が

これはレディーチャッペルつまり女性のための教会ってことか

そういわれると女性っぽい雰囲気ある

遠くからみえたのは子供に祈りをささげてる女性像だったかやっぱりここってウェディングに所縁のあるところなんだろうなぁ

入口の近くにレストラン発見!

メニューをパシャってきた(洛爾) 12:00から開店らしい料金もそんなに高くない簡単なランチにいいかもね

最後にショップショップすらも未開店さすがに営業時間に合わせて開いて欲しかったなー 😐

 

次回は大聖堂連続でメトロポリタン大聖堂に行きます!

 

0

發表評論

您的電子郵件地址不會被公開.

解決 : *
16 − 10 =