從德文波特飛往墨爾本乘坐塔斯馬尼亞精神! ②

讓我們繼續不斷推出在前面的文章中塔斯馬尼亞精神的內。今回は乗客が一番船内での時間を過ごすであろう9甲斐と10階です

 

塔斯馬尼亞屋頂甲板精神

船舶自動扶梯或電梯。由於電梯擁擠它是很難,如果基本的電梯運行是將主做了一個奇蹟。

已板凳不完整坐望著甲板。看來你是很早就完成了登機手續。

從輪渡場景。德文波特的樣子市中心那邊。我想,我走在這一側拖動從昨天另一側的手提箱

這裡是東德文波特的對面。豬國家秩序,因為風景不好的人也有幾個! Iyahhoi! 😆

有有。事情是這樣的了,這前一陣子走了一段

 

10流浪樓的休息室

船舶已沙發放置在一些地方。現在,因為在戶外甲板船是流行的空置罰款。順便說一句,那些誰想要吃零食,因為快餐店是處處取悅。

我看。也許撥浪鼓?

接觸、來到這裡相當的人。由於這有點像一個向外斜倚座位是座無虛席出發的時間、為盡快如果你想確保一個地方。

 

自動售貨機的船

船有食品和飲料自動售貨機。由於價格是一個體面、我把2升PET瓶在渡口外的超市🙂

水看起來免費。它也有一個咖啡。

 

熱門遊戲角為兒童

ゲームコーナーは9階にあります

有像活空間。它可能活在夜間進行。為了比較、我不知道還有什麼樣的夜晚事件所以去了,晚上睡覺舉行😥

遊樂場設備。我人在十日大麥當勞。這是孩子們的熱門貨。

所謂遊戲中心。除了賽車遊戲不明飛行物 - 也捕手具體傢伙。

下面是視頻遊戲角的人是你嗎?旺薩。它看起來像一台PlayStation的可以免費玩。十日就像一場遊戲索尼克十日吃豆子安裝。

1讓我們的防守方式,以免壟斷人類。

 

除了食品商店紀念品商店

很多沙發的大廳在渡口的中間。

通過因為有一個鄰近的網吧試圖阻止。

價格是這樣。如果沒有這樣的事情,我想還是栗子費Metabotch因為船、非常認真的定價。

有人排著隊東西展示當你有一個小掛出。

這是紀念品商店。我購買了一個鑰匙鏈塔斯馬尼亞的精神在這裡。我是因為我不屬於其他手

 

電影院也!

還有一個電影院,當我走到內部分。但似乎還沒有篩選。

篩查方案和價格。這裡也有良心定價。這不是會被悶和自由的時間來墨爾本更Kondake吸引力

我們試圖做大。

像這樣的是在電影院。電影是藍色調。

這裡是基調,紅色的。

 

還設置了自助餐廳風格

船也是一個自助餐廳。晚餐和早餐都可以在這裡拍攝。我不是故意要在這裡照顧,所以我囤積食物你上了渡輪前。

是受歡迎的那些誰也已經開始吃飯。我我一直水印不少😯你的胃還

 

最後,出發!告別塔斯馬尼亞

自出發公佈流向室外甲板。

順便說一句,那些誰想要在戶外甲板上的吸煙區吸煙。這種非吸煙區抽煙區已被劃分。

塔斯馬尼亞標誌的探索精神你為什麼不向船舶從戶外甲板仰望!

Mokumoku和黑煙出來。發動機似乎有運行。

有一個從德文波特市中心渡口。......昨天是不是更容易只是平淡如果乘坐有

對面的人已經上岸我招手。我還回頭一隻手!

再見塔斯馬尼亞!有一天,來了無損檢測又是個好地方!

漸漸地越來越小塔斯馬尼亞。這是一個密集的旅程我做不僅兩夜。我認為這真的是很好的點擊這裡查看。

 

現在,讓我們回到房間。房間介紹下一篇文章中!

0

從德文波特飛往墨爾本乘坐塔斯馬尼亞精神! ①

霍巴特、里士滿、羅斯村、朗塞斯頓、搖籃山、謝菲爾德......並已遍布各個地方遠。那裡、年底最後還塔斯馬尼亞旅遊。雖然澳大利亞是從大陸從飛機來到悉尼至霍巴特、回來的路上,我們決定回家,從墨爾本飛往德文波特航班。我想要我還東西叫做航行了這麼多麻煩。

搖籃山旅遊司機的舅舅請仔細發送到塔斯馬尼亞島登陸的精神。雖然、我但我回走在一度酒店,因為行李已經被存放在酒店的(笑)

 

塔斯馬尼亞精神(塔斯馬尼亞精神)位置

地圖上一篇文章“從德文波特中心塔斯馬尼亞著陸方向的精神重新發布的東西“。。渡輪訪問是好是我住過這一次“厄齊沃特酒店」。很不錯的航班,因為它是渡口步行距離之內。它應該在搖籃山旅遊帶來了沉重的手提箱,如果你沒有在這裡停留。

 

塔斯馬尼亞精神大廳

OK只是直到輪渡碼頭進行簽署街道

車道車登上渡輪。它還安裝過程中停車回升。

良好、讓我們頭渡輪。

 

塔斯馬尼亞登機手續精神

輪渡入口。在這裡,我們提出的憑單。券提前購票官方網站在我保留。

發貨我塔斯馬尼亞精神。似乎先前贏得了澳大利亞旅遊獎、獎狀是已裝修到銷售區旁邊。

這是票。它傳遞的登機牌(登機牌)和房間的鑰匙。我問的人四人間這。最便宜的了,我可傾式座椅,但、有時乘坐從搖籃山回來的一天、龍淋浴認為,想在這個房間。靠背座椅請注意,你不能洗澡!

基本上,除了男性和女性的房間。附加雙人房、還有,如單間、價格將是你更高,因為人的數量減少。

所以,到輪渡!

有一個在中間的安全門行李檢查。我認為我帶來一定的渡輪水果、這將被沒收所有在墨爾本。它指出,這是不可能彈出,如水果和動物從塔斯馬尼亞島之外!

 

塔斯馬尼亞接待樓的精神

客戶的外觀似乎已經在和登上渡輪。珍聞也優雅的人誰是在休息室的靠窗座位飲酒。

宣傳冊的旅遊是Zurari! !

如果你有最喜歡遊覽的聲音等可以通過單獨的辦公桌保留。

ATM還安裝。需要現金時,船上還拉出。

這似乎問卷的回收箱。蘋果不知道他們是否意味著什麼,但是......

 

接下來的是甲板引進塔斯馬尼亞精神的!

0

城市的搖籃山的歸途的“壁畫、謝菲爾德“號訪問

我們停在謝菲爾德鎮從鴿子湖家德文波特的方式。當問司機是否在下降,為什麼城裡不會太大、一個著名的旅遊目的地城市的壁畫。這是曾經的地方 - 也許是個人肯定,當我來到了搖籃山。

 

城市壁畫的位置謝菲爾德

謝菲爾德位於約100公里無論從德文波特和朗塞斯頓的地方。而不是在這裡和目的地、該假名變成圖案,通過在搖籃山中間說停。

因為我想順便參觀鴿子湖旅遊順差也是這個時候是感覺後的時間。

 

抵達謝菲爾德

車子一直停在停車場旁的公園。這是不夠的,如果它是大約20分鐘的旅遊,因為它是一個小城鎮。

寬敞的公園。無論是在城市也在景觀沒有看到中間的人是熟悉的塔斯馬尼亞。新鮮的心情🙂

壁畫是Zurari! !各種技術的被吸引到每個板的。

 

什麼是謝菲爾德

一旦它離開公園也壁畫藝術。我人will'm塔斯馬尼亞你的偉大是誰畫

肯特旅遊局。這是一個在謝菲爾德被稱為肯特村莊(?)我想。

還是讓我們來伸腿,直到人有點遠。這是那個時候也有。

菜販假名。安全的善良,你可以將貨物在店門口在這種風的時候看。我因為它需要篦一旦入口是十日南美店。

壁畫藝術在這樣的地方也發現了!顯然不是一個塗鴉高質量😆

 

謝菲爾德市中心

我走了約1分鐘。也許,這裡是城市的心臟。車廂是您認為最紅火。

中央購物區。但、很少有人。也許你已經在當地人民和其他購物後回國。

藥店旁邊。暫且似乎與那些Ichitori的生命所必需的對齊。

加油站。司機先生你只是助長了地方。據說起今天在上午運行良好。德文波特→朗塞斯頓→鴿子湖→謝菲爾德。也許比運行500km左右?

 

直到發車時間粉碎

是退出。不再將看到。當時正在附近閒逛。

我回到了原來的公園。等候出發時只坐在板凳上之後!

良好、這是舒適和城市,如在不到30分鐘,旅遊這樣的感覺。是可折疊多一點的時間,如果人們有興趣的壁畫藝術嗎?

接下來的時間將前往墨爾本乘坐塔斯馬尼亞精神!

0

クレイドルマウンテンの帰りに遭遇! 野生のウォンバットと戯れる

畢竟、ダヴ湖で野生のウォンバットに出遭うことはできませんでした私がひたすら「ウォンバットを見たい!」って話していたのでドライバーのおじさんも探してくれていたようですが見つからなかったらしい 😥

但、帰りにドライバーさんが運転中にウォンバットを見つけてくれたおかげで野生のウォンバットさんに会うことが叶いました!! 本当にこのドライバーさんには感謝です 🙂

 

クレイドルマウンテンのオーバーランドトラック(Overland Track)にて野生のウォンバット発見

ドライバーさんが「見ろ! 野生のウォンバットだ!」と叫んだので外を見てみたのがこの風景私にはこの風景のどこにウォンバットがいるのか分かりませんでしたがそこら辺はさすがベテランガイドといったところでしょうか

少し拡大したんだけどウォンバットがいるの分かるかな?(笑) 丘の上の緑の部分丁度写真の真ん中くらいなんだけど茶色い物体が2匹いるんですよね良くみると

野生のウォンバットさんがいらっしゃったのはタスマニアクレイドルマウンテンのOverland TRACKという場所。顯然、数日かけてタスマニア原生林をキャンプで歩き回る数日かかって踏破するコースらしい

 

野生ウォンバットとの邂逅

上の方からノソノソ降りてくる茶色い動物が!!!! ついに出た――――――――!!!! 野生のウォンバットォォォォ!!!!

おおおおお?! 降りてきます降りてきます降りてきます!!

近くに他の気配が…… 顔をそちらに向けたら別のウォンバット!? さっきのよりも色が濃い 🙂

もうメッチャ近づいたここら辺まで近づいても逃げないんだよねさすがにこれ以上近づくと警戒しているらしく動きが怪しくなりました

なにやら草を嗅ぎながら前進するウォンバットさん何考えてるんだろう 😕

おお!! こっちに向かってきた!!!

ガサッと音を立てて近づいてしまったらウォンバットさんが急旋回!?

ああ…… 巣穴に戻ってしまったよ……

この巣穴って安全で、2019年から2020年にかけて起こったオーストラリアの大規模森林火災の時にはコアラとかがウォンバットの巣穴の中に入ったおかげで助かったとかなんとか

自然の救世主ウォンバット 😆

 

思った以上にたくさんいるウォンバットさんたち

ウォンバットさんが巣穴の方に戻ってしまったので後ろの方を振り向いたら…… おお! 右の方に茶色い丸っこい物体が 🙂

Overland TRACKの道の傍に棲みつくウォンバットさんこのウォンバットは近づいても逃げない

正面顔を捉えた!! こっちにずんずん近寄ってきます 😆

 

ウォンバットは世界中の人たちに大人気

これみてくださいよみんなウォンバットに夢中 😆

左の方の二人組が今回ツアーで一緒だった日本人夫婦そしてベージュの服を着ているのもツアーで一緒だったタイ人そして一番右のほうに見えるのがOverland TRACKを歩いてきた外人さんたち

世界中で愛されてるのが分かりますねー(笑)

写真を撮られれているなんてまったく気にせず突き進むウォンバット

どんどんこちらへ近づいてきます 😆

 

なんとお腹にウォンバットの赤ちゃんが?!

試しに後ろに回り込んだら…… な、娜娜、なんと?! このウォンバットはお母さんウォンバットでした!?!? お尻の下に二匹目のウォンバットが……

どうやらウォンバットはカンガルーと同じ有袋類で袋が後ろ向きについているとか。所以、こんな風に後ろ側に赤ちゃんの顔が出るみたいなんですねー

それにしても可愛すぎる……

拡大してみました 😆  この赤ちゃんもいづれはお母さんのお腹から抜け出してひとり立ちするんですねー

 

楽しかったタスマニア観光もこれで終了このツアーが終わったらそのままスピリッツオブタスマニア(SPIRIT OF TASMANIA)に乗船してメルボルンへと向かいます!

0

每年不到40天的晴天? !奇蹟搖籃山陽光明媚的旅遊②

クレイドルマウンテンのダヴ湖巡りも後半戦はじめは曇っていた空もかなり晴れ渡ってイイ感じになってきました

 

徒歩マップ『ダヴ湖周回ルート』(再掲載)

前回記事と同じマップです特に説明は要らないでしょう

 

クレイドルマウンテンの森を突き進む

森の中に入っても道は舗装されています板に網がかかっているのは滑らないためでしょうかね?

崖の上を歩きますちゃんと木のバリケードがあるので落ちる心配は無し

途中倒れている木がありました切り口が水平になっているのでどこかで切ったものを持ってきたものなのかもしれません

ものすごく大きな大木それにしても所々木が倒れてて結構悲惨な状態ですね……

目の前の木が結構頭スレスレ途中途中でこういう障害物があるので気をつけましょう!

アップダウンは結構激しい車椅子は無理だし杖でも不可能ではないけど結構キツイと思う

近づいてきましたクレイドルマウンテン! そろそろ麓ですね!

 

まだまだ森は続く……

今度は木ではなく岩肌が頭上を邪魔しとる道は結構狭く隣はすぐダヴ湖だけどフェンスがあるので落ちる心配は全くなし 🙂

またもや分かれ道ダヴ湖周回ルートを進みます~

天井を仰いでみたらすでに雲は少なく青空が増えていましたこの調子ならさらに晴れるだろう 😆

ここがちょうど真下になるのかな?? まだまだダヴ湖は半周終えたところ時間も迫ってきたし少し急ぎます!

こちら側から見たダヴ湖マップだと小さいけど結構広く見える

フェンスのない道が!? 崖にもなっていないので危険ではないのですが足元に気をつけながら進みましょう

途中の休憩スペースにあった注意書き要約すると「野生動物に食べ物をあげてはいけない」ということ野生は野生のままにしておきましょう

徐々にクレイドルマウンテンから離れていきます空も青々としてきた 🙂

なんだこりゃ…… 道が完全に崩壊してる普通に歩ける人ならいいけど足が不自由な人にとってはツラそう

 

ダヴ湖途中でビーチに到着

少し早歩きで一気にここまで来ちゃいました! もう残りは四分の一程度。4kmくらいは歩いたかもしれないけど大自然のウォーキングが楽しいので全然疲れませんでしたね 😆

道を少し外れたら砂浜ビーチに到着水面に波が少したっているので逆さクレイドルマウンテンはみえませんが良い風景

ここからの眺めを良い絵になるなー

おや? 後から来た人が泳ぎはじめたやっぱり泳げるのねダヴ湖ってけどシャワーとか無さそうなんだけど帰りどうするんだろ…… 近くにロッジに泊まってるのかな?

 

ダヴ湖最大の危険ポイント「グレイシャーロック(Glacier Rock)」

ビーチを後にして駐車場へと向かいます道は登ったり降りたり

分かれ道ですがダヴ湖周回ルートを選択

途中左側に柵があった立入禁止かな? とも思ったけどどうやら入れるようだせっかくなので中へ

この先にGlacier Rockなるものがあるらしい

Glacier Rock到着!! ……ってめっちゃ怖い 😯  ここの足場はデコボコの岩になってるしかもフェンスがない?! 落ちたらダヴ湖に真っ逆さまです 😥

カメラを構えながら恐る恐る先端の方へもうここまでが限界…… これ以上進んだら死ぬかもしれませぬ

駐車場はあそここの写真みると分かるようにもうここから落ちたら終わりですあとでドライバーに話を聞いたらこのGlacier Rockから落ちて死ぬ人も何人かいるんだって 😯  みなさんも気をつけてください……

 

遠くから見たGlacier Rock

Glacier Rockをあとにして駐車場の方へあそこがGlacier Rockですね

人が乗っかってるあんな感じなんですよ決して滑りやすい靴とかで行かないようにしてくださいねマジ危険なので……

在途中、クレイドルマウンテンの道を舗装している方々に出くわしましたさっきの森の中にあったみたいな壊れた道を修復してくれることを期待します

やはりふと後ろが気になってしまいますGlacier Rockは大人気のようで必ず誰かしら登ってますねああ怖い怖い

 

ダヴ湖周回終了へ!

もう駐車場は目と鼻の先ここからのクレイドルマウンテンも素晴らしいですね! 最後の余韻に浸ります 🙂

とうとう初めのところに戻ってきましたさっきよりも晴れ間が見えていて眺めがいいですねー小屋のところにも行きたいけどさすがに遠いので断念

哦、やっぱりここでも泳ぐ人いるんですねちなみにこのお二人の方から記念写真を撮って欲しいと頼まれたのでスマホを拝借してカシャりと📸 どうでもいいんですがカメラもってると写真撮ってくれって頼まれること多いんですよねー

 

次回は帰り際にもう少しクレイドルマウンテンを楽しみますなんとそこで野生のウォンバットに遭えてしまうわけですが

0