リバプール観光 マージーサイド海洋博物館 ~タイタニック号とナチスの歴史を垣間見る~

リバプールのほとんどの博物館は無料それゆえ折角なので博物館めぐりをしましてその第1号がこのマージーサイド海事博物館昔にタイタニックが泊まっていたこともあってタイタニックの展示が有名だそうであとは第二次世界大戦とかの展示も見られる

前の記事でも少しだけ触れましたが場所はアルバートドックの北側ワンバスステーションから見える範囲にあります

博物館の目の前ここにも船が展示されとりますたぶんこれに乗ることはできない

前記事と同じ画像だけど一応入口をもう一度載せておくたくさん扉があるけどどこから入ってもOK。يا、そだそだリバプールの博物館めぐりをする際には営業時間に注意基本的に10:00~17:00なので1日で回れる博物館には限りがあります

入口に入ってみたら凄い人の量だったツアーに遭遇したのかもしれない4階建てなんだけど4階はレストランそこからはマージ―川を眺めながら食事ができるそうです

جيد、ショップは混んでたので後回しにして博物館に入場しまーす。يا、奴隷博物館と同じ建物なのでMaritime Museumの方ですよー

まずエレベーターに乗って最上階へ上から下へくだっていった方が体力的に得する気がするレストランの入口なんだけど海軍の軍人のオブジェクトが出迎えてくれましたここは2010年にミシュランガイドに選ばれたほどのレストラン値段もそれなりで軽食ですませたい人は1階の軽食レストランの方がリーズナブルなお値段で良いかもね私はお腹がへってないので中には入らなかったー(金銭的な面とはあえて言わない 😳

まずは船舶を作った偉大な人々の展示からあんまり船は詳しくないのでここはサラーっとみて回りました

3階からの風景先ほどの入口前の船の模型天気が良ければなぁこの3階には国際奴隷博物館があるんですがそれは次の記事にてテート博物館と一緒に紹介します!

ここからはタイタニック号。”The untold story”。どうやら語られていない物語が見られるらしいタイタニック号はここリバプールから出発したという経緯がありここではタイタニック号のレプリカはもちろんのこと当時の写真が貼られています船内の様子とかもみることができて映画タイタニックがかなり現実に近い形で表現されていることが分かりますよ!

モーリタニアって聞くとアフリカの国を思い浮かべるかもしれませんがこれは当時世界最大・最速を誇ったイギリスの客船モーリタニア(通称モーリー)のこと第一次世界大戦では姉妹艦のルシタニアの轟沈によってここリバプールに停泊して主に兵士の輸送をおこなったとか大戦後は豪華客船として使われたけど後続の船が次々に出てきたため最後にはスクラップにされちゃったというちょっと可哀想なお話し

White Star Lineの展示ホワイト・スター・ライン社ってのは海運事業をの会社でタイタニック号とかを保有してた大企業今はキュナード・ライン社って名前に変更してクイーン・メリーとかクイーン・エリザベスとかクイーン・ビクトリア(クイーンが好きだなぁ)って船を運営してます

大西洋海戦の展示ここからはドイツとの戦争歴史コーナーへGO

色々展示があるけど時間がないので先へ進もう。ربما、当時の歴史がずらずらと書かれてるんだろうもう文章は見飽きた!!

ナチスドイツの旗第二次世界大戦でのイギリスとドイツ関連でいうとThe Blitzと呼ばれるロンドン大空襲が有名だと思うけどここではリバプールの話ねここリバプールにも反ユダヤ暴動がおこったりと結構大変だったらしい

当時の軍人軍医ナースの彫像ですねたぶん等身大さすが外人でかかったー

手前の像はイイとして…… 視聴用スペースもあります残念ながらこの時間は上映なし誰もいないから休憩に使えそう 😛

これは映像コーナーだったかなルシタニアの話だなさっき説明したモーリタニアの姉妹艦ドイツ海軍の潜水艦「U-20」いわゆるユーボートによって破壊されてしまったイギリスのお船薄暗い部屋でスライドがその生涯についてみていくことができる

ここら辺は船長さんの物語どんだけ素晴らしい船長がリバプールにいたのかを紹介する自慢コーナーともいえる!

引き続き船長コーナー先ほど素晴らしい船長っていったけど具体的にいうと海峡のメンテのことだったり嵐の中での船長の功績だったりそんなことを知ることができます。جيد、確かにそれは素晴らしいんだけど個人的にはタイタニック号やナチスのお話の方が興味あったかなー 😉

 

次は奴隷博物館とテート博物館を一挙紹介!

0

اترك رد

لن يتم نشر عنوان بريدك الإلكتروني.

حل : *
22 − 7 =