イントレピッド海上航空宇宙博物館

■イントレピッド海上航空宇宙博物館とは

イントレピッドとは太平洋戦争やベトナム戦争に参加したアメリカ軍の航空母艦です太平洋戦争では武蔵や大和の轟沈に大きく貢献した日本からしたら憎き空母です(洛爾)。現在では内装工事を経て船全体が博物館として公開されています映画撮影に使用されることもあり『アイ・アム・レジェンド』や『ナショナル・トレジャー』の舞台となっています

預計旅遊時間

3 小時

3 小時

2 小時

2 小時

1 hour

1 hour

 

見学可能時間

Spring/Summer Hours (四月 1 – 十月 31)
MondayFriday 10:00 am – 5:00pm
Saturday, Sunday & Holidays 10:00 am – 6:00pm

Fall/Winter Hours (十一月 1 – 遊行 31)
Daily (including Holidays) 10:00 am – 5:00pm

欲了解更多信息官方網站を参照

 

訪問

  • 赤色の1,2,3番線
    • 50th駅(50th Street Station)
  • 青色のA,C線
    • 42nd駅(42nd Street Station)
    • 50th駅(50th Street Station)
  • 黄色のN,Q,R線
    • 49th駅(49th Street Station)

地下鉄では各駅から徒歩20分程度とかなり歩くことになりますそのため時間を節約したい人にはバスの利用を勧めます。除了、M12にコロンバスサークル側から乗車する際には注意が必要ですチェルシーマーケットの方をぐるっと大回りしてイントレピッドに向かうので、11番街沿いの42Stから50Stあたりで降車します

バスはM12M42M50に乗ると良いでしょう詳細は以下のマップをご覧ください

 

Bus_intrepid

 

 

■觀光開始

入口

intrepid02

エントランスで荷物検査が終わるとすぐに艦載機が見られます各種言語に対応したオーディオガイドも5ドルほどで貸し出しているので興味のある方はぜひ潜水艦グロウラーにも搭乗することが可能ですが行列ができるので乗船するつもりであれば時間に余裕をもって訪れるようにしましょう

 

船上

intrepid03

 

ひとつひとつに近寄って見ることができますこのサイズの機体が並んでいる様は圧巻です

 

intrepid04

上からの写真アメリカ海軍のARMYNAVYという文字が目立ちます

 

intrepid05

船尾の方にはブリティッシュエアウェイズのコンコルドが展示されています大西洋を3時間弱で横断したという驚異のスピードを誇ります

 

艦内

intrepid07

船内にもたくさんの機体が展示されています少々高いですが売店や食堂もあるため休憩をしながら艦内を回れます

 

パビリオン

intrepid06

パビリオン内を見学するには別途チケットが必要です見学したい場合は入口でパビリオン入場付きチケットを購入してくださいちなみにシティパスならパビリオン込みですので入れます

上記の写真はNASAのエンタープライズ号です元々ワシントンDCのスミソニアン博物館に展示されていたのですがスペースシャトル計画終了に伴いディスカバリー号に追いやられた形でニューヨークに引っ越してきました一度も宇宙に行くことがなかったスペースシャトルですが今ではこの機体をみるためにイントレピッド博物館を訪れる観光客が少なくありません

 

 

戻る