赤の広場

■赤の広場とは

赤の広場はモスクワ中心部に位置する広場です元々クラースヌイ広場と呼称されておりロシア語でクラースヌイとは赤を意味することから赤の広場と呼ばれています。pero、クラースヌイは古代スラブ語で美しいを意味するため元々は美しい広場を意味したと言われています

赤の広場の中央では様々なイベントが催され冬季はスケートリンクが臨時に設けられることもあります

 

el tiempo estimado de turismo

2 horas

2 horas

4 horas

1 horas

30 minutos

30 minutos

 

acceso

  • テアトラリナヤ駅(Театра́льная)
    • 緑色の2番線
  • アホートヌイ・リャト駅(Охотный ряд)
    • La línea roja 1
  • プロシャジ・レヴォリュツィ駅(Пло́щадь Револю́ции)
    • 青色の3番線

Visita posible fecha y hora

赤の広場は一日中観光することができます

レーニン廟は土の10:00~13:00まで開館していますが長蛇の列ができることが多いので時間ギリギリを避けて早めに訪れた方が良いです

ロシア国立歴史博物館は10:00~ 19:00ですが木曜日だけは11:00~20:00となっております

 

 

■ inicio Sightseeing

ヴォスクレセンスキー門

red_gate

赤の広場の入口にあたるのがヴォスクレセンスキー門です。17世紀に建てられたこの門は不幸なことにパレードの邪魔だという理由から20世紀初頭にスターリンに破壊されてしまいました現在の姿はその後再建されたものです門の中央下にあるのがイヴェルスカヤ礼拝堂でイヴェリアの聖母子像が祭られています中からは歌が聞こえてくることもしばしば

 

ロシア国立歴史博物館

red_museumヴォスクレセンスキー門をくぐってすぐ右手に見えるのがロシア国立歴史博物館です赤の広場という名の通り建物もしっかりと赤色に染められています

内部には旧石器時代からの展覧となっており過去から現代に向かって歴史を学ぶことができますロシアの歴史に興味がある人には面白いかと思います。pero、説明がすべてロシア語なことに注意が必要です

 

グム百貨店

グム百貨店

グム百貨店はモスクワ中心部に位置する高級百貨店です1階にはエルメスやシャネルなどの高級ブランド2階にはリーバイスなどのカジュアルブランドそして3階には雑貨店が並びます

揃わないものはないとまで言われる巨大百貨店ですが、Razonablemente ser el precio。お土産などはわざわざここで買う必要もないかもしれません

ちなみに数百円で入れる高級トイレも存在しますので旅のネタに訪れてみてはいかがでしょうか

 

レーニン廟

レーニン廟

レーニン廟(びょう)は、1924年にレーニンが亡くなった際に死体を安置する場所としてアレクセイ・シューセフが建築したものです中に入るとレーニンの遺体を確認することができ開館時間が短いため連日非常に長い行列ができます

ソビエト解体とともにレーニン廟の解体するという声も上がっているが反対の声も多いため現在に至っても存在し続けています

 

聖ワシリイ大聖堂

聖ワシリィ大聖堂

赤の広場の奥に位置する聖ワシリィ大聖堂はロシアでもっとも美しい聖堂と言われています聖ワシリィ大聖堂ともポクロフスキー大聖堂とも呼ばれていますが正式名称は「堀の生神女庇護大聖堂(しょうしんじょひごだいせいどう)」といいます雷帝として有名なツァーリ・イヴァン4世がカザンを征服した際に建てられた聖ワシリィ大聖堂は当時色彩豊かなものではありませんでしたがその後17世紀から19世紀にかけて塗装されたとされています

夜はライトアップされ新年には花火が上げられるため季節を通して訪れたい名所です

 

戻る